中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
全体表示
2019年12月31日    桂林の生活
古代から、日本は中国文化の影響を受けて、多くな祝日は中国と似ているところがある。しかし、時が経つにつれてその習慣も変わってきた。明治維新以前、日本人は中国人と同じように春節を過ごしていた。1872年12月3日、日本では新暦が導入され、旧暦は使用されなくなり、歳時のおせちとしての春節は、新暦の元旦と混同された。中国ではまだ旧暦を使っているため、毎年の正月の時期が異なる。日本では新暦が実施され、その新年は毎年1月1日を「正日」と呼ぶ、毎年12月29日——1月3日を全国休日とする。... [詳細へ]
訪問者(28)
コメント(0)
2019年12月25日    中国文化
現在は12月後半で、北半球は間もなく冬の最も寒い時期に入り、人々も休暇を迎える。しかし、このような寒い時期に、大勢の人が旅行に出かけるつもりである。中国は広く、多くの地域に分けられる。地域によって人々は旅行先を選別する。たとえば北方、西北、西南地方の人は現地が寒いから、寒くない南方地方に行き、避寒する。中国東部の臨海都市も同じで、これらの地区は絶対気温は低くないが、海の湿度も高く、統一暖房も配置されていないため、人々は実際に体感温度がとても寒く、南方地方へ避寒することを選... [詳細へ]
訪問者(30)
コメント(0)
2019年12月20日    その他
「茶会に臨む際は、その機会を一生に一度のものと心得て、主客共に互いに誠意を尽くせ」といった意味である。利休の弟子「宗二」の『山上宗二記』に「一期に一度の会」とあり、ここから「一期一会」の語は広く使われるようになった。「一期」と「一会」をそれぞれ辿ると、「一期」は仏教用語で人が生まれてから死ぬまでの間を意味し、「一会」は主に法要などで、一つの集まりや会合を意味しており、ともに仏教と関係の深い言葉である。人生とその瞬間が繰り返されることはできない。情報や交通などが発達していな... [詳細へ]
訪問者(32)
コメント(0)
2019年12月12日    中国文化
金色は光り輝く色で、更に大自然の中で堂々とした純色で、そして光明、華麗な視覚効果を生み出す。中国人が金色に夢中になるのは、金という貴金属、一般的な同等物の光沢が好きだからであるほか、審美傾向の面で農耕文化の影響を強く受けたことも反映している。例えば、秋に収獲した食糧は金色なので、金色は豊作の象徴である。中国の古い五行学説では、中央は土に属し、その属性色は黄色で、中国は農業国なので、土地に対する崇拝は深い。または金色は繁栄と影響力を表し、階層とランクを示している。例えば古... [詳細へ]
訪問者(28)
コメント(0)
かつて、短期間訪問の外国人観光客は、中国のクレジットカードや携帯電話の番号などがなく、モバイル決済を利用することができなかった。そのため最近は、アリペイ、ウィーチャットなど中国のモバイル決済が海外のクレジットカードも使えることになり、モバイル決済で中国観光体験できる。これで短期間訪問の外国人観光客でも、QRコードでどこでも使えることになった。例えば、近日に「アリペイ海外版」が登場する。外国人ユーザーはアリペイ海外版をダウンロードし、「TourPass」プログラムを利用して... [詳細へ]
訪問者(32)
コメント(0)
facebook twitter weibo