中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ 中国文化 宅経済

2020年04月15日宅経済

                                 

宅経済とは、インターネットの発展によって生まれた新しい言葉で、主に家で働くこと、時に家で消費すること。食事はテイクアウト、ショッピングは宅配、宅経済を促し、宅配さえできれば、多くの人が家にいて、さまざまな生活を楽しむことができる。ネットショッピングは人々に生活の便利さをもたらしただけではなく、新たな働き口を造り出し、宅経済の最も流行したネット用語の一つになった。めったに外出しない人は、ネットでビジネスをして収入を得ることは、中国ではよく見られる現象になった。疫病発生以来、旅行、飲食、オンラインの娯楽など業界はショックを受けたが、しかしネットショッピング、外食、ネットゲームなどの宅経済は逆に増加している。食物配送、オンライン教育、遠隔勤務、オンライン医療など新型宅経済も流行しており、今の経済発展の明るい点となっている。「家でも国に貢献できる!」——この春、多くの人が感嘆した。百度のデータによると、118日以来、オンラインでの教育、医療、娯楽と電子取引きなど4つの業界の全体的な熱度は、伸び率が100%を超えており、 この30日間の遠隔勤務の需要は663%上昇している。 

訪問者(30)
コメント(0)
作者: 「ふれあい中国」
 

コメント

コメント


facebook twitter weibo