中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ 中国文化 38回目の「国際記念物遺跡の日」

2020年04月27日38回目の「国際記念物遺跡の日」

                                 

2020418日は、38回目の「国際記念物遺跡の日」である。世界各地は「共有文化、共有遺産、共有責任」をめぐり、遺産の多様性、現代生活との関連性に対する認知を高めている。人類文化は多彩であり、文化の多様性を保持してこそ、人類社会は絶えず進步することができる。歴史においても今日においても、宗教文化は人類社会の多元文化の重要な構成部分である。宗教そのものが多元であり、キリスト教、カトリック教、イスラム教、仏教など世界的な宗教が併存している。シーク教、ヒンドゥー教、ユダヤ教など多くの民族宗教もあって、これら自体が1つの多元の構造を構成した。一方、これらの宗教から発展してきた建築、絵画、彫刻などによる宗教文化は、同じく多彩であり、文化の多様性を構成している。さらに、宗教文化の影響により、社会生活や文化のさまざまな面に影響を与えている。したがって、それを保護することは、人類の文化を保護し、人類社会を保護することに等しい。そのため、宗教的遺産と場所を保護することは、人類文化の多様性を保護するのに役立つ。これらの遺産と場所の保存は、人々が祖先の信仰と社会を理解するために実物の証拠を提供した。同時に、宗教は不変ではなく、社会の発展と時代の進歩に従って発展して行くことを人々に認識された。


訪問者(37)
コメント(0)
作者: 「ふれあい中国」
 

コメント

コメント


facebook twitter weibo