中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド崇左観光スポット左江花山岩画

崇左の情報

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

左江花山岩画

観光スポット紹介

崇左江花山岩画の文化的景観は、その切り立った断崖が中国西南部の広西壮族自治区崇左市寧明県、竜州県、扶綏県に位置しています。岩画が3つの区域から構成され、38の岩画スポット(計107の岩画、3816の画像)があります。岩画の山体とその向こうの台地,約105 kmにわたり、左江・明江の河口を含み、面積6112ヘクタール。左江花山岩画は紀元前5世紀から紀元後2世紀の間、地元の古駱越人は左江沿岸一帯の精神生活と社会生活を生き生きと表現しています。これはこの伝統に対する唯一の証明であり、岩画の銅鼓及び関連元素は現地の銅鼓文化と直接に関連し、この地区に興隆する文化の特色を証明しました。2016年7月15日、中国の49番目の世界遺産に登録されました。

  このような古い壁画の本場の姿を探るなら、普通は花山壁画の観光スポットの専用船で遊覧し、途中は美しい山水の景色も鑑賞できます。約1.5時間後、花山の崖の前に来ます。約40メートル以上の高さの崖の上に、赤色の人物と物品像がいっぱい描かれています。画像は合計1800余りで、考証によると2000年以上前の東漢時代に描かれたそうです。作画条件の厳しさ、画面の壮大さ、断崖の急峻さは、いずれも奇異と呼ばれています。

  現在は「世界文化遺産」に登録されており、世界でも高い地位を占めています。花山壁画は世界同類の岩画の中で面積が最大で、画面が最も集中し、内容が最も豊富で、最も完璧な1か所の岩画になっており、非常に見る価値があります。



facebook twitter weibo