中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド佛山観光スポット

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

佛山観光スポット

佛山の観光スポットについては、次の紹介をご覧ください。人気の観光スポットやカテゴリー別観光スポットで佛山の魅力を存分にお届けいたします。

佛山の人気スポット

もっと見る自然景観

西樵山

西樵山

西樵山は広東省佛山市南海区の西南部に位置しています。4000~5000万年の歴史を持つ死火山であり、 中国華南史前の時代で一番早い石器製造場です。独特な「西樵山文化」を形成しており、珠江文明の先駆けを開き、山西懁仁の鵝毛口と合わせ、中国新石器時代の南北の両大石器製造場と呼ばれています。 西樵山の海抜はおよそ346メートル、直径がおよそ4キロ、周囲はおよそ13キロ、総面積はおよそ14平方キロメートル、72つの山峰で構成されています。岩穴は16、泉の湧き出る穴は232、滝は28があります。山頂にて三つの“天湖”があり、動物と植物の種類もたくさんあります。雲海を見たり、日の出を...

もっと見る宗教・信仰・寺

佛山祖廟

佛山祖廟

広東省佛山市内に所在する。北宋・元豊年間(1078~1085年)の創建といわれ、道教を崇拝した北方玄天大帝を奉るための神廟で、「北帝廟」と名づけられた。元代末に火災に遭い、明代洪武5年(1372年)に現在の廟が建て直された。「祖廟」という名は、佛山に数ある廟の中で最も歴史が長いという意味から付けられている。明代初期に再建された当時は、従来を超えない規模だったが、佛山地区の経済が発展するにつれ、徐々に拡張されていった。清代になる頃には、体系的に整備された地方色の濃厚な神廟となり、そのまま現在まで保存されている。現存するのは前殿、正殿、慶真楼、錦香池、万福台など五箇所で、面積は3000㎡以上...

もっと見る公園・庭園、動植物園、アミューズメントパーク

清暉園

清暉園

清暉園は広東省佛山市順徳区大良鎮清暉路に位置しています。明の時代初めて建てられた嶺南園林の建物であり、総面積はおよそ2.2万平方メートルです。 清暉園の建築の芸術は高く、水、樹、古い塀、石の山、小橋、回廊などを組合わせ活用し、構造が明晰です。中国の古代建築、庭園、彫刻、詩書、灰彫刻などの芸術を一体に集めています。 清暉園は船庁、碧渓草堂、澄漪亭、六角亭、惜陰書屋、竹苑、斗洞、獅山、八角池、笔生花館、帰寄廬、小蓬瀛、紅蕖書屋、鳳来峰、読雲軒、沐英澗、留芬閣で構成されています。嶺南庭園の精髄と江南庭園の特色を表現しました。園内にて清の時代乾隆年間(1736‐17...

もっと見る古鎮・古城

逢簡水郷

逢簡水郷

逢簡水郷は佛山市順徳杏壇鎮の北側に位置しています。水資源と水環境がとても優れています。 村を回る水道はおよそ10キロぐらいあり、管轄区の水道は28キロの長さに達しています。逢簡水郷は都市の繁雑から遠く離れ、空気が清新で心地よく、自然環境が調和しています。嶺南古村の構成はまだ健在しており、古い部屋は百軒余りあります。古木が至る所にあり、石板古道が縦横に走っています。一派の詩情や画意が息っており、国家のAAA級旅遊景区になっています。 逢簡は順徳で一番早く人が集まり住んでいる所の一つです。この村は西漢文化遺跡の発掘に遡り、明唐代の文物の発見に続き、宋の時代の二つ...

もっと見る建造物

黄飛鴻武術館

黄飛鴻武術館

佛山出身でカンフーで有名な黄飛鴻に関する展示場。 霊山と呼ばれる中国広東南側の名山である西樵山で中国武術係の英雄,黄飛鴻父子が生まれた。彼らを記念するために1996年黄飛鴻の出生地である禄舟に記念館を建てたがそれがちょうど今の黄飛鴻武術館である。 この武術館は中国国内だけではなく海外でも黄飛鴻を知る多くの人々の支援の下、5.23ヘクタールの敷地に清国末期の建築様式を真似て建設された。館内には「黄飛鴻錬功休憩室」「黄飛鴻写真陳列室」「黄飛鴻公園」「黄飛鴻武術学校」「關德興記念館」などの多様な主題施設が設備されている。またおよそ半世紀の間に黄飛鴻を主題にした映画だけで1000編程あり、そ...

もっと見る民俗郷土景観

石湾陶器

石湾陶器

広州市街の西南20キロ、佛山市の郊外にある。古くから陶磁器の産地として知られ、漢代の陶磁器や宋代の窯跡が出土している。 石湾の陶器は、「広窯」とよばれる。広鈞と呼ばれることもあるが、それは、鈞窯に似た製品を多く造りだしたことによる。鈞窯とは、宋時代の五名窯「官・哥・汝・定・鈞窯」のひとつで、河南省禹県にあった窯あである。乳青色の釉を厚くかけた青みや紫みをおびた陶磁器である。 石湾陶器のもうひとつの特徴は、熟練したリアリズムの技巧を駆使た人物像である。題材を歴史や伝説に採り、働く姿を活き活きと描き出す。

facebook twitter weibo