中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ニュース中国の観光業は初期の悲観論から徐々に抜け出している
観光都市:
旅行日数:
催行都市:
キーワード:

出発地:

到着地:

出発日

都市:
クラス:
値段(RMB): -
キーワード:

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

中国の観光業は初期の悲観論から徐々に抜け出している

2020/03/17

                              

  疫病の流行はやがて終わり、キャンセルされた旅行計画はより良い時期に実行されると信じる人が増えている...ますます人々は自信を持つようになった。中国観光研究院はこのほど、「中国観光経済ブルーブック(N0.12)」を発表した。観光供給側からの専門調査によると、半数の回答者が年間の観光経済総量の10%を低く評価すると判断しているが、観光業は引き続きミクロ経済をリードしている。業界は国内の観光市場に対してもっと自信を持っており、26%の人は発症後の迅速な回復を、66%の人は1 ~ 3ケ月で回復が遅れるとみなしている。70%の人は感染後の生産経営を全面的に回復すると表明した。

  2020年、観光業は新型肺炎の流行に重大な打撃を受けたが、中国観光研究院は、中国の観光経済ファンダメンタルズは変わらないと分析している。中国の世界経済とグローバル価値チェーンにおける地位は根本的な変化が発生しない、中国の住民の観光消費のファンダメンタルズと中長期の傾向は変わらない、同時に、国際ビジネスの客源、華人と華僑は入国観光市場に対しても基礎的な役割を果たす。業界は、「企業の自力努力、業界の協力、政府の支持」という理念に同意し、積極的に責任を負う。都市観光や郊外観光に代表される短途国内観光が率先して回復する見通しだ。

  中国観光研究院の戴斌院長は次のように表明した。観光業界の自信は現在、慎重に着実に観光機構の再工業化を推進し、未来は引き続き観光インフラと公共サービスの建設を強化し、各類新型消費需要の釈放に備えなければならない。(人民網により)



facebook twitter weibo