中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド 深セン 深センのハイテク

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

深センのハイテク


   深セン市には政府主導でハイテク事業発展のためインフラ設備が整えられたことから、シリコンバレーのハードウェアスタートアップや世界のハイテク製品を生産する工場が数多く設置され、「中国のシリコンバレー」「ハードウェアのシリコンバレー」等とも呼ばれています。そのため、時代の最先端に先立ちます。QRコード決済の無人コンビニと公道での知能運転バスなど、今後普及していくであろうと技術の実験場になっています。


無人コンビニ


   名前の通り、本当に店員は誰もおらず、入店、支払いともにQRコードですべて完結します。店舗型から自販機に近い感じの仕組みまで、様々です。2016年12月、米アマゾンが初めてアメリカで「Amazon Go」という無人コンビニをオープンしました。その後、無人コンビニマーケットは世界中から注目され、急速成長を迎えています。特に、スマホとインターネットの普及率が高い中国では、無人コンビニは未来を象徴するサービスとして、WeChatpayとアリペイから短期間で決済を完了できます。2017年にアリババが中国で初の無人コンビニ「淘カフェ」をオープンしました。その後、Take Go、Bingo Box、F5未来商店などの無人コンビニがオープンし、一挙に多く出現しました。深センの無人コンビニもいくつか存在し、今回は「WellGo」という無人コンビニが例として紹介します。「WellGo」は2017年8月8日に正式オープンし、「天虹商場有限公司」という深センの企業が運営しています。店はわずか12平方メートルでコンテナ型であり、通常は施錠された状態で、顔認証してから入店し、会計を正常に済ませれば退店できます。使用方法は、まずは「WellGo」アプリをダウンロードして会員登録する必要があります。アプリをスマホにダウンロードすれば、あとはQRコードを入り口でスキャンすれば、ガチャっと音がしてドアが解錠されます。店に入ると、様々な商品があり、コーヒーの自販機まで設置されています。商品には、それぞれRFIDタグが固定されています。お会計は、専用の会計台が一台だけ用意されていて、会計台の正面にあるカゴのような場所に商品をまとめてガサッと全部同時にまとめて投入すればいいです。バーコードとは異なり一つ一つスキャンせずとも、複数の商品を同時にスキャンし、RFIDの最大の特徴です。今回購入した商品をまとめて投入した瞬間に正面のスクリーンに購入した商品のリストとその価格、右下に合計金額が表示されます。投入後金額表示までのスピードはかなり早く、ほぼ瞬間に終れます。お会計は、アリペイあるいはWechatpayで決済します。 退店する際は、お会計を済ませた商品を入り口で自動にスキャンするセンサーがあり、センサーが会計済みを認識すれば、簡単にドアが開いて解錠して退店できるという仕組みです。もし、何も買わなければ、探知する商品もないので、センサーが何も購入していないことを認識しドアが自動的に解錠されます。

 

 


知能運転バス


   ドライバーはいなく、交通灯や歩行者にぶつかると自働的にブレーキをかけ、交差点で自働的に曲がり、バス停で自働的に止ります。人工知能と各種の協同技術の日々の成熟に伴い、知能運転は我々の生活に入ってきます。2017年12月2日午前、深セン福田保税区で、アルファバの知能運転バスシステムを最初にテストを導入しました。全電動知能運転バス4台は、全区間1.2キロのコースを運行し、時速10-30キロ、途中に3つの停車場を設けます。中国初の「アルファバ知能運転バス」初公開し、オープン道路で乗客を乗せる試験運行を実施しました。知能運転バスは一般バスよりも小型で、大きな違いは目のようなセンサーを車の前後に2つずつ搭載しています。車両内部には17席があり、定員は25人で、40分で电池が満て、150 km運行可能です。車両には、周辺環境を感知するレーザーレーダ、ミリ波レーダ、カメラ、GPSアンテナなどが搭載されています。道路利用者や不測の事態にリ反応し、車両検査、減速待避、緊急停車、障害物迂回、進路変更、自動停車などの機能を実現できます。システムの安全性、安定性、信頼性はすでにバスの試験運行の要求に完全に符合しています。人工と知能運転の2つのモードを備え、現状に応じて切り替えることができます。                    

 

 

 

ドローン

 

   今ドローンといえば、誰もが知っているような製品となっています。しかし、2014年までドローンが知らない人は多く、この産業に対する関心度も高くなかったのです。そのため、大疆という企業がチャンスをつかめ、ドローンの研究・生産を始めました。大疆は2006年に設立され、深センに本部があります。現在、大疆の民間用ドローンは既に全世界に販売されています。前瞻産業研究院のドローン市場報告書によると、2017年の中国の民間ドローンは290万体に達し、前年同期に比べ67%増加し、輸出額は110億元に達し、そのうち生産額の8割以上は深センの大疆に由来します。深センのドローンの生産額は300億元に達し、世界中の民間用ドローン市場70%を占めています。この会社の本社は深センにありますが、すでに全世界で発展を始めています。最新の市場データによると、ドローン市場の覇者となりました。

 

20151220日に深圳で、世界飛行映像システムの開拓者と指導者として、大疆が世界初のプ フラッグシップ・ショップをオープンした。 大疆の歓楽海岸プ フラッグシップ・ショップは深圳市南山区歓楽海岸東南角に位置し、OCT狂歓広場に隣接し、総面積は約800平方メートルあります。店舗デザインは前衛的、現代的で、「体験」という基本理念を出発点とし、大疆の一貫したブランドスタイルに合っています。店内には製品展示エリア、飛行デモンストレーションエリア、「天空の城」体験エリア、交流展示エリア、飛行シアターなどの機能エリアが設けられており、お客さんが製品の特性を理解することから、空中撮影の楽しさを感じるまで様々なインタラクティブなニーズに対応します。歓楽海岸プフラッグシップ・ショップの旗艦店では、大疆のすべての民間主力制品が続々と登場し、体験や現場での購買に消費者が訪れることを待ちます。大疆の創始者・CEOの汪滔は、「大疆の旗艦店は『体験』が重要で、誰でも先端科学技術と未来の生活が体験できます。プフラッグシップ・ショップで大疆は消費者との全面的な交流を展開することができて、ドローンに対する好奇心に満ちる人また新製品の空中撮影技術の達人に関わらず、大疆のプフラッグシップ・ショップは消費者のために未来への扉を開く。」年中無休の大疆歓楽海岸プフラッグシップ・ショップの営業時間は日曜日から木曜日10:00-22:00金曜日と土曜日、10:00-22:30。オープン後は不定期に空中撮影サロンなど様々な形式のオフラインインタラクティブ体験イベントを開催します。

  • /FileUpload/userfiles/image/minsu/00000000000000000020191018.jpg

    無人コンビニ

    名前の通り、本当に店員は誰もおらず、入店、支払いともにQRコードですべて完結します。店舗型から自販機に近い感じの仕組みまで、様々です。2016年12月、米アマゾンが初めてアメリカで「Amazon Go」という無人コンビニをオープンしました。その後、無人コンビニマーケットは世界中から注目...

    詳細へ

  • /FileUpload/userfiles/image/minsu/000000000000000000201910181.jpg

    知能運転バス

    ドライバーはいなく、交通灯や歩行者にぶつかると自働的にブレーキをかけ、交差点で自働的に曲がり、バス停で自働的に止ります。人工知能と各種の協同技術の日々の成熟に伴い、知能運転は我々の生活に入ってきます。2017年12月2日午前、深セン福田保税区で、アルファバの知能運転バスシステムを最初に...

    詳細へ

  • /FileUpload/userfiles/image/minsu/0000000000000000002019101812.jpg

    ドローン

    今ドローンといえば、誰もが知っているような製品となっています。しかし、2014年までドローンが知らない人は多く、この産業に対する関心度も高くなかったのです。そのため、大疆という企業がチャンスをつかめ、ドローンの研究・生産を始めました。大疆は2006年に設立され、深センに本部があります。...

    詳細へ

facebook twitter weibo