中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド無錫観光スポット梅園

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

梅園

観光スポット紹介

 梅園は無錫の西郊外の東山と滸山の南斜面にあり、市街区から7キロ離れたところにあり、太湖からは1.5キロ離れている。敷地には梅の木が植えられ、江南(長江以南のデルタ地区)の著名な観梅の景勝地の一つである。梅の木が山を飾るように植えられ、山の地勢に沿うように梅の花が飾られ、独特の風格がある。あずまや、楼閣、塔が山の上に建てられ、層をなすように重なり合って趣がある。早春になると、山の斜面に植えられた梅の花が満開し、山は青緑色で梅の花は艶かで、美しい風景である。中秋になるとモクセイの花が香りを放ち、胸にしみとおるようである。 
 梅園は1912年に開設され、著名な民族商工業経営者の栄宗敬、栄徳生の兄弟が東山で庭園をつくり、清の末期の進士徐殿一の小桃園の跡を利用して、数千本の梅を植え、10余年間の造園を経たものであり、敷地面積は5.4ヘクタールである。その時に植られたのはほとんどウメの実のなる梅の木であった。今日の園内には梅の木が4000余株、盆栽の梅の木が2000余株ある。
梅園は梅の花で名を知られている。梅園の梅の花には70年余りの歴史があり、いまでは30ないし40の品種からなり、有名なものとしては玉蝶梅、緑萼がある。
 梅の花は寒さに強く、雪が降っても開花し、上品で純潔で、高い品位があり、人々に好まれている。歴代の多くの文人が梅の花をテーマとして吟じ、梅の花の誇り高く、高潔な情操をうたい上げている。唐・宋の時代の白居易(日本では白楽天として知られている)、林逋、蘇軾(蘇東坂)、陸遊、範成大らの詩人が書いた梅の花を吟じた詩が後世に伝えられている。宋の時代の詩人盧梅坡が書いた「梅雪春を争って未だ降らず、詩人は筆をおいて評章を費やす。梅は須雪に遜るべし三分の白、雪は却って梅に輸す一段の香」という詩句は、境地が清新な境地を提示し、梅や雪を生き生きと描いている。 梅園は古い藤、古い梅、新しい桂、珍しい石によってその上品さと質朴さを表している。梅の花が満開する頃になると、各地から観光客が大勢訪れ、大いに賑わう。 
 主な観光スポットとしては梅園彫石、洗心泉、米襄陽拝石、天心台、揖蠡亭、清芬軒、香海、誦豳(ヒン)堂、招鶴亭、小羅浮、念劬塔、豁然などがある。

facebook twitter weibo