中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイドアモイ観光スポット​曽厝垵

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

​曽厝垵

観光スポット紹介

   曽厝垵は厦門島東南部に位置しています。兎耳嶺の草があり、太姥山の石があり、火山島の礁があり、自然と人文が一つになっています。現在まですでに800年余りの歴史があり、中国の最も文芸の漁村で、“曽里”、“曽家沃”、“曽家湾”とも呼ばれます。

   曽厝垵はコミュニティで、現在は曽厝垵社(曽厝垵文創村)、倉里社、前田社、西辺社、前後厝社、東宅社、上里社、胡里山社という8つの自然村で構成されています。曽厝垵文創村は総面積はおよそ0.33平方キロメートルです。

   曽厝垵は厦門だけの、線香の盛んな民間聖母崇拝を持っています。まさに代表的な閩南原生態自然村と言えます。曽厝垵はアモイ港都市の農村と漁村として、こんなに恵まれた歴史を持っており、幸先にも数えられています。信徒が一番多いのは村口の福海宮と擁湖宮で、福建省南部の保生大帝とマ王林黙娘に仕えており、村に90%の信徒がいます。この特徴は閩南の他のところと同じです。

   曽厝垵を歩いていると、至るところに当時の華僑が残した痕跡が見え、建物は一番直観的な展示です。当時華僑は大量の赤レンガの古い曽厝垵と南洋風の「番仔楼」を建造し、現在も残っています。

   “曽厝垵文青節”はかつて曽厝垵最も重要な年度祭ブランドで、曽厝垵文創会が主催します。曾文青創客工作坊と巷コミュニティの建築機構の統合計画します。

   曽厝垵の周辺は厦門大学、故里山炮台、白城、環島路、南普陀、万石植物園などの観光スポットがあります。

facebook twitter weibo