中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
全体表示
2012年08月11日    中国文化
桂林では世界のカルスト地形の代表として、また観光のハイライトとしても有名な漓江下りはいつも人気が集まっています。これとは別に景色は全然違う観光の趣きがある丹霞地形(赤色砂岩)を見逃してはならないところをご紹介させていただきます。それは桂林から88キロ離れた資源県にある丹霞地形なのです。 資源県にある一番きれいなホテルであり、各部屋にはバスタブがない代わりに、外には共用の温泉プールがあり、丹霞地形の山登りに疲れた観光客を癒すのに最適な場所かもしれません。 国級の珍しい地質公園に指定さ... [詳細へ]
訪問者(1113)
コメント(0)
2012年08月11日    桂林の生活
先週の日曜日、私たち桂林天元旅行社の12人のメンバーが同じ会社の唐さんの灌陽県の田舎にある家(唐さんのご主人の実家)へ遊びに行きました。皆は8:00に三里店の大円盤に集合して、8:10頃灌陽県へ向かいました。 灌陽県は桂林市の東北部にあります。霊川と興安二県を経由して、三時間ぐらい走って、11:20頃、灌陽県の町に着きました。私は灌陽県の町が初めてです。今年の3月頃灌陽県の中心から50キロ離れた「文市鎭」の「月嶺村」へハイキングに行ったことはありますが、県城に来たことはありませんでした。町は大... [詳細へ]
訪問者(1472)
コメント(2)
9時50分、「五丈原」の観光が終わって、「姜太公釣魚台」へ移動しました。10時半頃、「姜太公釣魚台」に着きました。「姜太公釣魚台」は宝鶏市の東に30キロ離れた天王鎮の「伐魚河」の畔にあります。 この「釣魚台」に巡って、姜太公と周文王の間の物語を中国の有名な古典小説「封神演義」の中でよく描きました。 姜太公の先祖は舜帝の時代の貴族で、しばしば戦功を立てたので、舜帝に呂地(現在の河南省の南陽市)を封じられましたが、姜子牙(姜太公の若い時の名前)が生まれた時に家庭の暮らしはすでに没落しました。平民... [詳細へ]
訪問者(1495)
コメント(1)
17日の朝7:40、私たち一同10人は咸陽市とさようならにして、西安を起点にする10日間のシルクロードの旅を始めました。曇の天気でした。午前中は陝西省保鶏市にある「五丈原諸葛亮廟」と「姜太公釣魚台」の二か所を観光する予定でした。保鶏市は陝西省の第二の都会で、中華民族の始祖の「炎帝」の古里です。 咸陽市から西安と保鶏を繋がる「西保」高速道路を約一時間ぐらい走って、「蔡家坡」で高速を出ました。それから「五丈原鎮」を通って登り道を十五分ぐらい登った後、9時30分ごろようやく「五丈原」に着きました。 ... [詳細へ]
訪問者(2453)
コメント(1)
2012年07月31日    中国観光ガイド
10日間中国西部の旅が終わって、7月26日の夜十時半頃、久しぶりの桂林へ帰ってきました。 今度の旅は陝西省、甘粛省、青海省と新疆ウイグル自治区の四つの省を通り、一万キロ以上の道のりを経て、咸陽市、宝鶏市、天水市、蘭州市、西寧市、コルラ、ウルムチとトルファン合わせて八つの町を見物しました。その期間中、黄土高原、青蔵高原、砂漠とゴビ砂漠のそれぞれ違った地形を渡りましました。そして、蒸し暑い桂林の亜熱帯モンスーン気候と全然違った温帯大陸性気候、大陸性高原気候と温帯大陸乾燥性気候を相次いで体験しました... [詳細へ]
訪問者(1235)
コメント(1)
facebook twitter weibo