中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
<<  < 2017  12月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
全体表示
2012年07月12日    中国観光ガイド
七月七日に、父の人生の旅がとうとう終点に着き、永遠にこの世を離れてしまいました。その日の朝七時半ごろ、弟は突然電話をかけてきて、「先ほど父さんは行ってしまいました」と悲しくて、沈んだ語調で話しました。それを聞いた私は頭がぼうとなって、家をあちこち歩いて、何をしていいか分からなくなりました。娘は「先ほど一羽の黒色の大き鳥が窓台に飛んできて、なかなか逃げなくて、おかしかったです。」と教えました。「それはお爺さんが鳥に化けて雨やん(娘の名)を会いに来たんです。爺ちゃんがいつも雨ちゃんに会いたいと言った... [詳細へ]
訪問者(1487)
コメント(6)
2012年07月08日    中国文化
桂林は1973年に正式に開放政策を実施し外国人が初めて桂林という風光明媚な町を訪れることができました。それまで閉塞の状態に置かれた桂林では外資系の飲食店は一軒もなく、宿泊のホテルの中の食事はさておき、町に出掛けて食事をしたいなら、桂林米粉のほかに、地元の人々の口に合う現地の料理店で食べるしかできなかったのです。その時の桂林現地の人々にとっても、アメリカのケンタッキーというのがなかなかの贅沢品と言えるものでした。その時こんな言い方が流行っていたようであり、「桂林という町が他の町と違い、町の至る所に... [詳細へ]
訪問者(1208)
コメント(2)
七月二日、桂林市旅遊局に誘われて、桂林天元旅行社を代表して、桂林市霊泉県九屋鎮の「江頭洲」村で行われる「姑娘節」(未婚する女の子の祭り)に参加しました。「姑娘節」は「江頭洲」、「田尾洲」、「観里山」の三つの村の特有な祭りで、毎年の旧暦の五月十四日「江頭洲」、「田尾洲」、「観里山」の三つの村で共同で行われます。 「姑娘節」は旧暦の五月十一日から十四日までの四日間に行われます。十一日には「江頭洲」、「田尾洲」、「観里山」の三つの村の人々はみんな大掃除します。そして村の道を奇麗に洗い流します。翌日は... [詳細へ]
訪問者(1280)
コメント(1)
2012年06月29日    中国文化
 あなたがもし桂林(実は中国のどの町でも同じトレンドがある)に観光に来るならば、必ず建物、特に市民たちの半分以上のアパートに取り付けたスチール製(昔は鉄製の網が多かった)の網を目にすることができます。このさまざまな形の網がアパートのベランダにも、窓にも取り付けて紛れもなく建物の一大風景となっています。お客さんによく不思議に思われていますが、いったい何のためにこんな厄介な網を取り付けないといけないのですか?  大体、世の中で使われる網というものは往々にして二つの機能と目的があると考えられています... [詳細へ]
訪問者(1148)
コメント(2)
2012年06月29日    中国観光ガイド
桂林の六合路から七星公園に入ると、すぐ左側に立派なお寺があります。そのお寺の名前は「棲霞千禅寺」と言います。 「棲霞禅寺」は桂林地元の人が「棲霞寺」ともいい、「桂林の七星公園の中にある普陀山の西麓にあり、唐代から建て始まりました。750年、鑑真和尚が弟子を率いて五回目海を渡って日本へ行くことが失敗して、桂林に来た時には「棲霞寺」に訪れたことがあります。その後の「毀佛」の運動で壊されてしいました。元代には道士の唐大淳に「全真観」と建てられました。明代には再び「寿佛庵」に建てられました。清代の順治... [詳細へ]
訪問者(1985)
コメント(2)
facebook twitter weibo