中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
<<  < 2017  10月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
全体表示
2012年05月26日    桂林の生活
桂林市民はほとんど毎日桂林米粉(ビーフン)を食べています。一日食べないとしっかりしないことになります。ビーフン屋さんも至る所まで見えるほど多いです。家の近くに美味しいビーフン屋が一軒あります。店の名前は「紅鼻子米粉」と言います。「紅鼻子米粉」は桂林でとても有名な店で、数十軒のチェン店があります。今では広州、上海など全国各地にもチェン店があります。そもそも「紅鼻子米粉」の創始者は赤鼻を持った人なので、「紅鼻子米粉」と名付けたわけです。家の近くにはほかのビーフン屋さんはまた三か所ありますが、私はいつ... [詳細へ]
訪問者(1453)
コメント(3)
いつも「遅起き、遅寝」の私は今朝珍しく早く起きました。せっかく早く起きたから、近くの七星公園と象鼻山公園へ散策に行きました。公園の至る所に朝の運動をする年配の方が見えました。踊り、太極拳、バドミントン、合唱など豊富多彩な運動がありました。老人たちの健康的な生活ぶりを見て感動しました。今の中国では病院の治療費はものすごくたかくて、一般の人は治療費をなかなか負担できません。もし病気にかかったら、たくさんの人は薬局にいって薬を買って自分で病気を治療します。重病にはとても掛かられないものです。子供に魅惑... [詳細へ]
訪問者(1635)
コメント(0)
2012年05月20日    中国観光ガイド
今はもうガイドの仕事をしませんが、たまに昔のことを振り返って、懐かしいです。 文化大革命の時、中国人が旅行する際、泊まるのは招待所や、旅社などの所でした。服務員(店員)はほとんど40代か50代の逞しいおばさんでした。サービスが悪かったものです。改革開放が行われた後、中国に来る外国人の観光客が徐々に増えてきました。外国人が泊まる所は賓館や飯店とでした。中国のメンツにかかわっているので、サービスはもちろんと買ったです。賓館の中の施設も非常に豪華でした。初めてホテルに入った私はめまいと気詰まりを感じ... [詳細へ]
訪問者(1366)
コメント(0)
2012年05月17日    中国文化
田舎で新築の住宅に引っ越す時、かならず爆竹を鳴らします お正月になるとマンションの路上でむやみに爆竹が鳴らされ、ゴミがいっぱい散らばっていて、誰でも気にしないようです。  中国では、田舎であろうと都会であろうと結婚式のようなめでたいことをする時、必ずと言っていいほど鳴らすものが爆竹なのです。また家族は人が亡くなったような時でも、相変わらず使命を果たすものがやはり爆竹です。こうして見れば、爆竹は中国人の生活とは切っても切れない関係にあり、まるで爆竹なしの中国では考えられないよう... [詳細へ]
訪問者(1234)
コメント(2)
2012年05月17日    中国文化
 息子が幸いな事に桂林の割に名高い小学校である育才小学校に入学し、一年生として、勉強しています。確かに育才小学校は先生たちが責任感も強く、能力もある評判の良い学校であることが間違いありません。この小学校を卒業した生徒が大半評判のいい中学校に進学できるのも確実なことです。私は息子がこの育才小学校で勉強できることを自慢に思っていることが言うまでもないです。  私はほぼ毎日さりげなく、外の保護者達の行列になだれ込んで、息子を学校の玄関まで3回にわたる送迎を繰り返していますが、ふとある日、玄関辺り... [詳細へ]
訪問者(1023)
コメント(0)
facebook twitter weibo