中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
全体表示
2012年04月01日    中国観光ガイド
最近、桂林の天気は三寒四温という言葉で描くのが一番相応しいです。気温は上がったり下がったりしてよく変化します。今日は晴れてきて、最高気温は24℃まで上がりました。このような好天気は墓参りの清明節(4月2日~4日)まで続けるならいいですが。 私の住んでいる所は「望城岡」)と言います。名前通り、ここは桂林市で地勢の一番高い所です。桂林市老幹部休養所((離職休養する兵隊の幹部の住む所)はここにあります。そのお陰で、この辺りの緑がよく保護されてきました。大木が生い茂って空気がとてもいい所です。朝、たく... [詳細へ]
訪問者(1267)
コメント(2)
一時になりました。お父さんの廖さんはまだ帰ってこなかったです。山間部は都会部と仕事と休みの時間がやはり違いますね。お中はちょっと空きました。廖さんの奥さんは私たちのためにサツマイモを作ってくれました。美味しかったです。 いよいよ「油茶」を作り始まりました。まずピーナッツ、それからトウモロコシを炒めておきました。その後、「油茶」の茶汁を作りました。お湯の中に生姜、椎茸、茶っぱなどを入れて煮ました。出来上がった時、お父さんの廖さんはお婿入れの賀さんと塩梅よく帰ってきました。すると、みんなで「油茶」... [詳細へ]
訪問者(1086)
コメント(1)
十二時頃、廖さんのうちに戻りました。廖さんはまだ帰ってこなかったです。家の中一人の若い女性がいました。廖さんの娘さんだと判断しました。私と曲さんは彼女について菜園へ行きました。「お名前は何ですか」と聞きました。「廖です」と答えました。「じゃ、廖さんは旦那さんと同じ名前ですね」と私が言いました。「いいえ、私はこの家の娘です」と話しました。曲さんは「旦那さんはお婿入れです」と教えてくれました。今中国の農村では子供は二人しか生むことはできません。桂林の田舎では子供が二人とも女の子の家族は婿取りする風習... [詳細へ]
訪問者(1111)
コメント(0)
李と桃の写真を撮り終わって、山奥の方へ向かいます。 今度行く所は私には初めてですが、ほかの人はみんな来たことがあります。曹さんはよく行ったので地元の人ともう馴染んでいます。十時頃大鏡郷の町に着きました。大鏡郷はそれほど大きいい町ではありません。街には人が少なく、静かでした。市の日になると取引の人がいっぱいですごく賑やだそうです。大鏡の町を通って、山を登り始まりました。道は険しくて、ジープのような車でなければ登れないぐらいです。周囲数十キロの広い山間部には九戸の人家しか住んでいないと曹さんが教え... [詳細へ]
訪問者(1081)
コメント(1)
先週の土曜は麗らかな日で、私たち友達が四人で桂林の近くの霊川県大鏡郷へピクニックに行き、とても楽しい一日を過ごしました。 朝八時半ごろ、私たちは桂林市区を出発しました。市街区を出て、三十分経って、大墟鎮に着き、九時半ごろ、潮田郷を通りました。途中は車は少なく、人の姿もほとんど見えませんでした。潮田郷を抜けて、大鏡郷に入りました。車の右側には思安江(灕江の支流)が流れていました。川の両岸の木は黄ばんだ新緑が元気よく伸びて、活力が満ち溢れていました。野原にはあちこち赤とピンクと白などの花が咲いてい... [詳細へ]
訪問者(1301)
コメント(2)
facebook twitter weibo