中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
全体表示
2011年10月26日    ニュース
桂林 曇り 18~14℃ 今日もどんよりとした天気です。今週の月曜日から急に桂林の気温が下がって秋らしくなってきました。 そのせいか体調を崩している同僚が多いです。今のところ、小梅はまだ大丈夫です 皆の着る物も徐々に秋冬に切り替わっています。特に私のように電動自転車で通っている人は厚着をしないと、 風邪を引きやすいです。 小梅より [詳細へ]
訪問者(942)
コメント(0)
2011年10月26日    桂林の生活
気排球(ソフトバレー)は中国から始まるスポーズです。1984年、内モンゴル自治区の区都(県庁所在地)フフホト鉄道局済寧分局の定年退職した老人たちはバレーボールのコートでバレーボールのボールの代わりに風船を使って、面白くプレーしました。風船はかる軽過ぎて、破れやすいので、二つの風船を一つにしてやりました。その後、子供用のボールを使うようになりました。中国語は風船は「気球」と言い、バレーボールは「排球」と言うので、そのボールを風船のバレーボールの意味を込めて、「気排球)と名付けられました。年齢、... [詳細へ]
訪問者(1100)
コメント(0)
2011年10月25日    その他
先週の日曜日、柳州地区の武宣へハイキングに行きました。向日葵がいっぱい植えられた「万畝葵園」(一畝は6.667アール)を見物に行ったのです。 桂林から四時間ぐらいバスに乗って、ようやく目的地に着きました。それから、十分間ぐらい歩くと、向日葵の畑が目の前に広がりました。大地が向日葵の花で埋め尽くされています。壮観そのものの場面です。ゴッホの「向日葵」の油絵のことを思わず思い出して、驚嘆させられました。すぐ写真を撮り始める人がいましたが、私は奥のほ... [詳細へ]
訪問者(1010)
コメント(1)
2011年10月24日    桂林の生活
30 年ほど前、桂林では卓球はたいへん盛んでした。政府の機関の娯楽室とか、学校の校庭とか、会社の食堂などの所にはほとんど卓球台があります。学生たちは授業と授業の間のわずか十分間の休み時間を利用して、卓球台の両方に列を作って、自分の用意したラケットで、ピンポンをやります。ボールを一つ負けたら、後ろにいる人の番に成ります。当時、中国の職場の人は昼ご飯はほとんど食堂でします。すると、昼ご飯の間、食堂ではピンポンをする人で、すごく賑やかになります。 90年代に入ると、たぶんビリヤードの場面がよく出... [詳細へ]
訪問者(874)
コメント(0)
2011年10月20日    中国観光ガイド
「人閑なり、桂花(木犀)落ち、夜静か、春山空し。」というのは中国の唐代の詩人王維の書いた詩句です。山里は静まり返って、木犀の花がぱたぱた落ちて、花弁が地面に一面に散っているというような景色を描いているのです。私は花が好きで、当然木犀の花も好きです。年に一度の木犀の花の季節がいよいよ終わります。七星公園は園内に二万本以上の木犀の木が植えられて、桂林市でも木犀の一番多い所です。今年はまだ満開の金木犀を見ていない私はどうしても一度行きたい所です。日曜日の朝、私は家の近くの七星公園へ一人で行きました。公... [詳細へ]
訪問者(1012)
コメント(0)
facebook twitter weibo