高速鉄道の切符の実名制が始まりました

2011年06月02日その他

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高速鉄道の切符の実名制が6月1日より始まったのです。中国南昌列車駅はその日全部で1.8万枚以上高速鉄道の切符売りました。身分証明書を持っているない旅客が実名制切符を買えるように列車駅では「制証点」の窓口で臨時証明書類を発行してもらえます。
  一枚の身分証明書で当日同じ列車(乗下車区間が同じ)高速鉄道の切符を1枚しか購入できません。また乗車の際に身分証明書を提示していただきますので、身分証明書を忘れずに持っていくようお願いします。
 それから、切符を購入した旅客はできるだけ自分の切符をよく保管してください。そうでないと、切符が失ったら、旅に出るのが不便になりますし、切符が失うことでプライバシーな情報が漏洩してしまう可能性もあります。

訪問者(539)

コメント(0)

作者:( 「ふれあい中国」)

コメントを書く

コメント&質問