中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ 桂林の生活 お年越し

2019年12月31日お年越し

                                 

古代から、日本は中国文化の影響を受けて、多くな祝日は中国と似ているところがある。しかし、時が経つにつれてその習慣も変わってきた。明治維新以前、日本人は中国人と同じように春節を過ごしていた。1872123日、日本では新暦が導入され、旧暦は使用されなくなり、歳時のおせちとしての春節は、新暦の元旦と混同された。中国ではまだ旧暦を使っているため、毎年の正月の時期が異なる。日本では新暦が実施され、その新年は毎年11日を「正日」と呼ぶ、毎年1229日——13日を全国休日とする。日本人は1231日を「おおつかいの日」、すなわち大晦日の日と呼んでいる。中国と同じように、この日は大掃除し、家族みんなで一緒に食事をする。日本の紅白歌合戦を見るのに対し、中国人が春節聯歓晩会を見るようにする。また、戚の家を訪ねて年始回りし、子供達にもお年玉を用意する。 しかし一部の習慣は異なっている。例えば、昔は日本も中国と同じように、大晦日になると魔よけや縁起担ぎのため門に赤い「春」を掛ける習慣があっが、今は店舗によって「春」を貼っているだけで、家庭ではもう春を見かけなくなった。かつては日本でも爆竹が放たれていたが、現在は違法とされており、「往来妨害罪」、つまり同行妨害罪と呼ばれている。そのため、中国の春節は日本よりもにぎやかだ。 正月の習わしには中日両国の違いはあるが、新年を迎える気持ちは同じだ。



訪問者(3)
コメント(0)
作者: 「ふれあい中国」
 

コメント

コメント


facebook twitter weibo