無接触商業

2020年04月03日ニュース

                                    

疫病発生以来、多くの企業は「無接触」サービスを提供している。「無接触飲食店」が誕生し、一部の大型デパートやスーパーがネットショッピングを推進し、各大手宅配会社がそれぞれの無接触配送基準を進めている...オンラインの取引きで指定配達をし、ユーザー本人が物を取り出すなどの方法を通して、売買の双方が直接接触することを避けている。このような「無接触」モードは消費者に愛用されている。  膨大な生活消費は、疫病の予防とコントロールするために「無接触商業」が出現した背景である。交差感染のリスクを減らすことができ、また、再生産の現実的な需要を考えた 「無接触商業」はすでに業界で展開されている。たとえば近年、無人店舗や無人スーパーマーケットが登場し、小売業が大きく変わってきた。多くの宅配会社は宅配ボックスを各団地に導入しており、ドローンなどの配送式も普及している。流行性を持つ疫病により「無接触商業」の重要性を明らかにしたこれを引き続き普及させれば、従来の商業モードを革新することになる。新しい経済、新しい業態が生み出されると同時に、新しい職種、職業も誕生するだろう。  


訪問者(106)

コメント(0)

作者:( 「ふれあい中国」)

コメントを書く

コメント&質問