生放送で商品の推薦と販売

2020年04月27日中国文化

                                  

中国国家統計局が417日に発表した第1四半期の経済データによると、疫病の深刻なショックを受け、第1四半期のGDPは前年同期に比べ6.8%減となったが、タオバオ生放送に代表される新たな消費型は逆成長し、第1四半期の経済の目玉となっている。 疫病発生期間中、人々の外出は制限されていたため、実体市場に大きなショックを与えた。 経済的な被害を減らすため、中国各電子商家の取引きは生放送で商品推薦と販売を始めた。生放送を通して、多くの販売業者は新しい販路を開き、同時に新しいビジネスモデルを形成し、新しい生存空間を見つけた。いくつかのネット上のプラットフォームは、生放送技術を使って近距離の商品展示、問い合わせの応対、購入の新しいサービス方式を行って、 あるいは店舗が自分で生放送室を開設して、あるいはプロの生キャスターが集り推薦する。 一方、生放送で商品推薦と販売は相互性と親和力が更に強く、消費者は店にいながらのように、売り手との交流や駆け引きを行うことができる。一方、生放送で商品推薦と販売は、伝統的な中間ルートを排除し、直接商品と消費者のドッキングを実現した。特にレッドキャスターにとって生放送の本質は視聴者に広告を見せるなどさまざまな方法を通して最大限の優遇を提供してこそ、消費者を引きつけ、商品の常連になることができる。商品推薦と販売はすでにブランドと商店の転換線上のキーポイントとなり、疫病発生期間中に巨大な社会価値を示した。

 

訪問者(118)

コメント(0)

作者:( 「ふれあい中国」)

コメントを書く

コメント&質問