中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ニュース杭州西湖のマイナスイオンの含有量はWHOの 基準を超えた
観光都市:
旅行日数:
催行都市:
キーワード:

出発地:

到着地:

出発日

都市:
クラス:
値段(RMB): -
キーワード:

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

杭州西湖のマイナスイオンの含有量はWHOの 基準を超えた

2012/07/19

  杭州西湖風景区の花港公園
 
 
 
   近頃、杭州西湖風景区管理委員会は空気の監視測定報告が発表した,西湖風景区の雲栖竹径、花港公園、玉皇山、蘇堤などの空気中のマイナスイオンの年間平均含有量は約2514個/立方センチです。国連国際保健機関(WHO)の1000-1500個/立方センチの基準を超えた。マイナスイオンは人間のあらゆる代謝を助けている夏の朝には雲栖竹径と花港公園の空気中に一立方センチ当たり3200個と3000個も存在している。西湖風景区で空気が一番きれいな所です。
通常リゾートなど自然界にはマイナスイオンは一立方センチ当たり1500個も存在します。しかし、都会にはマイナスイオンは僅か800くらいだけです。環境保護が世界的な問題になっている。
 

facebook twitter weibo