中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ニュース端午節は粽のほかに何を食べている?各地端午節の特色美食をご紹介!
観光都市:
旅行日数:
催行都市:
キーワード:

出発地:

到着地:

出発日

都市:
クラス:
値段(RMB): -
キーワード:

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

端午節は粽のほかに何を食べている?各地端午節の特色美食をご紹介!

2013/06/09

粽は端午節のシンポル的な食品で、悠久な歴史を持っております。粽は「角黍」、「筒粽」とも呼ばれています。粽の由来は昔からあり、種類が豊富にあります。資料によると、早くもの春秋時期に、キビの米をマコモの葉でウシの角の形に包んだのが「角黍」と言います。竹筒に米を入れ密封して焼くと「筒粽」と言います。今でも毎年五月の初めから中国庶民家々が皆糯米を浸し、粽の葉を洗い、粽を包む。その種類が非常に多いです。餡から見れば、北方では主に棗を入れた北京棗粽を作っています。南方は主に、アズキ、新鮮な肉、ハム、卵の黄身など多種な材料を餡にしています。中では浙江嘉興の粽は代表的です。粽を食べる習慣は千百年以来、中国で盛んに行われています。また朝鮮、日本と東南アジア諸国にも伝わっていっています。
中国の多くの地方では、端午節当日の主役粽のほかに緑豆糕になります。緑豆糕は形が整え、色が浅い黄色です。組織はきめ細かく緊密で、口当たりがよく、柔らかく歯にくっつきにくいです。

茶卵も中国一部の地方の端午節では必ず準備しないといけない食品です。

福建晋江地区では、人々皆「煎堆」を食べます。「煎堆」とは小麦粉、米粉或いはサツマイモの粉と他の調味料などでどろどろする形にし、油を入れた鍋に入れて煎じれば出来上がりです。言い伝えによると、古くの閩南一帯では端午節の前から雨期に入り、雨はやむことなく振り続けます。民間では空に穴が開いたため、空を縫わなければならない。端午節で煎堆を食べると、雨は止んでしまうため、人々に空が縫い合わせられたと言われています。端午節に煎堆を食べる習慣もそこから来たのです。
端午節に手打ち糕を食べるのが吉林省延辺朝鮮族人民の盛大な祝日です。この日の代表的な食品はすがすがしい香がする手打ち糕です。手打ち糕はヨモギとモチ米のご飯を木で作られた木槽に入れ、長柄の木の棒で糕に作ります。この食品は民族ほ特色を持つと共に、祝日の雰囲気も加えられました。

陜西の人が端午節の当日に哨子麺を食べなければなりません。陜西の哨子麺は悠久な歴史を持ち、中では岐山の哨子麺一番有名です。

facebook twitter weibo