中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイドウランチャブ(烏蘭察布)観光スポット大青山国家級自然保護区

ウランチャブ(烏蘭察布)の情報

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

大青山国家級自然保護区

観光スポット紹介

 大青山国家級自然保護区は内モンゴル族自治区の陰山山脈の中間にあります。西が包頭市の昆都倫河に達し、東が呼和浩特市の大黒河上流の溪谷地地帯に及びます。大青山は東西の長さが240キロであり、南北の幅が20~60キロほどになっています。海抜が1800M~2000mであり、最高峰が2338Mです。大青山は陰山山脈における生態が最も完全に保護された場所です。森林から灌木林まで、最後に草原と言ったふうに変わっていくのです。陰山地区の生物が最も多様性、自然性などを見せるところでもあります。保護された面積が延べ388577ヘクタールにも及びます。その中で核心的保護面積が114038ヘクタールになり、緩衝区域とされる面積が85121ヘクタールあります。このほかに実験区域の面積が189418ヘクタールもあります。森林の生態を保護するシステムが重要視されています。

 

 大青山は四季がはっきりして、雨量が多くて気候も暖かいです。年平均気温14、1度です。極端の最高気温が36、5度になります。年間降水量が849MMであり、降水量の分布も場所により異なります。植物や樹木分布が海抜によりも全然違います。大青山の森林被覆率が11、5%です。海抜が1100Mである日陰の斜面に乾燥タイプの草原が分布し、1200M以上の地帯にネズと灌木が混合しています。1300~1500Mの地帯にネズやアカマツ、コノデガシワなどが混合しています。そして1500~2000Mの地帯に赤松、ヤマナラシ、クヌギなどが混合しています。海抜が1500Mである日向の斜面に乾燥タイプの草原が広がり、1800m以上の山地に高山芝原草原が分布しています。

 

 大青山国家級自然保護区は地形が複雑なので、物種の分布が大変豊富です。大量の野生の銅植物が生息しています。特に大青山の南部にある湿地に生息する野鳥が126種類にも上り、国の重要鳥類として20種が保護されています。

 

 大青山国家級自然保護区では貴重な物産が多く取り上げられます。山伏茸、きのこ、わらび、女郎花などがあります。野生の貴重な漢方薬として朝鮮人参、貝母、升麻、五味子、元柏、益母などが多く数えられます。保護される野生鳥類は榛鶏、鷹、雲雀、百舌鳥など十何種類います。動物が猪、熊、ノロ、小鹿、狼、鹿、舎利などいます。

 

 大青山国家級自然保護区の自然景観に何と言っても第四氷河期の名残りと言われる氷臼を取り上げないとならないです。「九の壺と十八の釜」と形容されたほどの氷臼が大量に見つかり、サイズや形が様々です。第四氷河期の面影として観光客の目を引き付けます。大青山国家級自然保護区にあわせて129か所の保護地点がまとまっています。具体的に「三最」、「三絶」、「三妙」と呼ばれています。

 

 「三最」とは第一、今まで見つかった氷臼群が世界で最も密集している氷臼です。第二、大青山は国内で最もスケールの大きい青色の石の仏像と彷彿させる山のことを言います。第三、長さ1228Mに及ぶ内モンゴル自治区における最も長い高山ケーブルカーのことを言います。

 

 「三絶」とは第一、いろいろな形に想像できる天然の石があり、天下一絶と呼ばれます。第二、切り立っている峰が林立して美しいです。第三、「天然の盆栽」と呼ばれる氷臼が群れをなし、天下の絶景になります。

 

 「三妙」とは、一年中四季折々の花が咲き誇ります。遠景、中景、近景と呼ばれる景色が折よく調和しており、目を楽しめせてくれます。

facebook twitter weibo