中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ 中国観光ガイド 龍脊古壮寨

2011年05月25日龍脊古壮寨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桂林  26℃~18
龍脊古壮寨は桂北越城嶺山脈の南西麓、龍勝各族自治県和平郷の北東部に位置しています。龍勝県からは21キロ、桂林からは76キロ離れています。龍脊古壮寨は廖家寨、候家寨、平段、平寨四つの古代チワン族の村からなっています。

1、歴史が非常に長い
 龍脊古壮寨は少なくとも430年以上の歴史を持っています。古壮寨廖姓、候姓の族譜と潘家先祖代々の墓の石碑の記載によると、三つの姓の祖先は南丹慶遠府から来たそうです。龍勝県志によると、廖姓は明の万歴年間(15731620)現在に住むところに引っ越したそうです。古壮寨には広西、ひいては全国ではもっとも保存がよい、建物が古い、規模が大きいチワン族の高床式吊脚楼建築群があります。その中五箇所の木楼は100年以上の歴史を持っています。一番古い木楼は250年の歴史があります。 私たちは百年老屋へ見学しに行きました。おばあさん一人がそこに住んでいるようです。おばあさんが年を取ってはいますが、元気にしているようで、戸口でサツマイモなどを洗っていました。

2、‘天、地、人’調和と共存
 龍脊古壮寨は風水学から選んだ土地の典型であります。村の脇にある山の脊梁が一頭巨大の龍のようにぐるぐる回って金江に至っています。古壮寨はその脊梁に位置しています。‘龍脊’もそこから名付けられたそうです。村の両側にそれぞれ巨大な尾根が延々と下の方へ続き、椅子の手すりのようで、龍脊古壮寨はその真ん中にあり、まるで‘龍椅’に座っているようで、珍しい地相のよい土地です。
 
龍脊古壮寨の人々は代々骨身を惜しまず働き、大自然と調和共存し、山頂の高山林地―村―棚田の調和生態環境を作り出しています。森林、渓流、村、棚田が順次よく分布され、調和がとれて配置されています。人と自然の調和美を目の前に現れています。
 村にある風雨橋の橋には‘三魚共首(匹の魚が一つの頭を共有している)’の石刻があり、それは廖、候、潘三姓がよく団結している意味で、さらに寓する意味は壮、瑤、侗三族が団結していることです。しかし、そのもっとも深い意味は道家の‘一生二、二生三、三生万物’思想を体現しています。人類宇宙の基本法則‘天、地、人’調和と共存を表わしています。これはネットで調べてやっと分かったのです。私たちが着いたときにちょうどおじさんがその風雨橋に座っていたので、聞いてみようと思いましたが、大変親切に説明してくれるおじさんの言葉があまり聞き取れませんでした。

3、独特のチワン族石刻文化
 龍脊の人々は当地豊富の石材を十分に利用し、独特のチワン族石文化を作り出しています。村の中にある数え切ない青石板路、57座青石板橋、幾重にも重なっている木楼の地盤、太平清缸、石水槽、石寨門、石臼、石塀、石刺繍のボール、石廟、三魚共首石刻それから清朝、民国いまなお内容が豊富で、形式が多様の石碑刻があります。本当に‘三歩一石、五歩一刻、十歩一碑’と言えます。セメントで作った道より歩きにくいところがあるけれども、私がその青石板路が大好きです。たぶん青石板路の間に伸びている野草が私に一種特別な風情を見得ていたからだと思います。
 古壮寨の石板路と石板橋は龍脊人々の高度の勤勉と知恵を表しています。多くの石板橋には蓮の花、宝剣、太極、八卦などの道教記号が彫りつけられています。一番代表的で貴重なのは三魚共首の石刻です。
 村には清代から近代民国時期の石刻碑文が多量に残されています。一番有名なのは乾隆五十七年(1792)に彫りつけられた≪桂林府厳禁衙門書差籍端滋僮瑤碑≫です。その他に、龍脊古壮寨の莫一大王石像、石刻刺繍球図と石寨門は広西地方の特有のものです。

4、規模が大きい棚田景観
 龍脊村寨は龍脊寨棚田の中心に位置し、廖家寨、候家寨、家寨は棚田に囲まれています。棚田の総面積は1100畝あり、‘天下一絶’として知られている龍脊棚田の重要な部分となっています。棚田の垂直高度は750m、横向きは2000m、海抜350mの金江河谷から海抜1200mの中腹の間に位置しています。その起伏して天をつくばかりに高くそびえる山が延々と連なり、まるで一級一級青空に繋ぐはしごのようで、また天空と大地の間にある一幅一幅巨大な抽象画のようにも見えます。

5、保存のよい龍脊壮族文化
古壮寨のチワン族は北壮―典型的な白衣壮の代表です。長い間外界との連絡が不便のため、今でも古壮寨には白衣壮文化がよく保存されてあります。白衣壮文化は主に壮族建築、居住文化、飲食文化、祝日風俗文化、歌舞文化、服装文化、民族宗教文化、民族歴史自治制度文化などが含まれています- 桂林観光

 

訪問者(1157)
コメント(0)
作者: 「ふれあい中国」
 

コメント

コメント


facebook twitter weibo