クリスマスの桂林

2011年12月26日桂林の生活

 過ぎたばかりのクリスマスはいかがお過ごしだったのでしょうか。今年、クリスマスはちょうど週末にあたって、土曜日のイブで市の中心部の「中心広場」と「正陽街」はたいへんにぎやかでした。桂林は観光町の原因でしょうか、外国のことを早く受け入れて、十数年前から、クリスマスを祝日として、お祝いしてきました。コーヒーショップでコーヒーでも飲んだり、カラオケに行ったりして色んな方法で楽しんでいます。私は家族で映画館で三Dの映画を見に行き、イブを楽しく過ごしました。

 

 

 

 

 




 

 

 

 

              まだ8時になっていませんが、若者は陸続とカラオケ店に来始まりました。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「平安夜」(イブ)の三D映画は切符一枚で70人民元でも満員になりました。
聖誕老人
 

 


 









 

 

 

        「聖誕老人」(サンタンクロース)の恰好をする店員。


 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

道路の両側にある店舗にもクリスマスのムードが包まれています。 

訪問者(601)

コメント(0)

作者:( 「ふれあい中国」)

コメントを書く

コメント&質問