中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ 桂林の生活 大晦日に穿山公園へ梅の花見に行きました。

2014年01月30日大晦日に穿山公園へ梅の花見に行きました。

  今日は中国の伝統の祭り―大晦日の日で、今日が過ぎると蛇年から馬年へ渡ります。2013年の蛇年は平凡ですが、無事に過ごした。大晦日の夜、家族揃いの一家団欒の「年夜飯」を食べることは中国人数千年以来の伝統として続けられてきました。今年の旧正月は明日から来月の6日まの予定です。
 最近、桂林では異常だと言われる暖かい天気が続いて来ました。天気予報によると今日の最高気温が23℃になるそうです。穿山の麓の梅の花が例年より一か月以上も早く満開しました。このまま行くと今年の冬が早く終わるかもしれません。暖冬は寒がり屋の私には嬉しいことですが、来年の農業生産には不利だから、やはり農家にいいように少し寒くなるようとお祈りします。
 昨日、友達の韓さんと穿山公園へ梅の花見に行くと約束したので、今朝の7時に彼の家の近くの信号機の所に会合してから一緒に穿山公園の方へ向かいました。まだ薄暗くて、町が静かで、途中にはあまりに出会いませんでした。昨夜ちょっと雨が降りました。雨上がりの清らかな空気を吸いながら散歩して、とてもいい気持ちでした。10分ぐらい歩いて、穿山公園に着きました。周りは少し明るくなり始まりました。朝の小東江は目覚めたばかりのようで、静かに公園を流れ通っていました。水面に一筋の湯気が立っていて、塔山が鏡のような水面に映って、水墨画のように見えました。山頂にある寿仏塔は明時代に作られた八角の煉瓦の塔で、数百年以来いつまでもこのように小東江の畔に佇んきました。この景色は「塔山清影」と言い、桂林の古い八景の一つです。中国の代明の有名な旅行家徐霞客が桂林に訪れた時に小舟に乗ってここを見物した後、「穿山遊記」を書いたことがあります。
 早起きの漁師は筏に乗って、エビと小魚を獲っていました。家へ帰って、獲ったエビと小魚をとろ火で焼いて、葱か生姜などの調味料を入れて、お酒をかけて煮ると最高の酒の肴になるでしょう。昔から野菜作りで生活してきたこの辺の村人たちが近年、生活頼りの土地が徴収されたので、生活ぶりが大きく変わりました。アパート、洗車、レストランなどを経営して、お金持ちになった人は少なくありませんでした。
 やっと梅の林が見えてきました。遠くから見て、赤、白、ピンクの梅の花がミルクのような朝靄の中で咲き誇っていました。桂林では今ちょうど梅を賞するいい季節を迎えきました。足を早く運んで近寄ると、梅の特別の甘い香りがほのかに漂ってきて、思わず深呼吸をしました。たぶん梅がこんなに早く咲いたのを思わなかったのでしょうか、私たち2人のほかに誰も花見をする人がいませんでした。おかげで、二人はゆっくりして、思う存分にこの辺りの梅花の景色を楽しむことができました。
 昔から中国の文人たちは寒い風雪を凌ぐ氷雪の梅を気高いシンボルに喩えて賛美してきました。梅がどんなに厳しい所でも生長できて、謙遜、堅忍不抜、根気強い中華民族の品性によく合うので、中華民国の国花に定められました。こう見たら、寒がり屋の私はどうしても高品な人間にはなれないなと思いますね。写真を思う存分に撮った後、そろそろ帰る時間になりました。ふと、目の前に咲き匂ったこれらの可憐な花が咲いたり、散ったして、到底、地面に舞い落ちて、泥に化する輪廻に逃れないと思うと思わず胸が痛くて、寂しくなりました。それから宋代の詩人陸遊(私と同じ名前の人)の「卜算子咏梅」の「無意苦爭春、一任群芳妒。零落成泥碾作塵、只有香如故。」(ひたすら春を争う意無く、一切群芳の妬むに任まかす。たとえ零落して泥と成ったり碾(ひ)かれて塵となったりしても、只だ香は故(もと)の如し。)という詩を詠むと人間だって同じことではないでしょうかと釈然しました。


穿山公園へ行く途中にも梅の木がありました。

梅のバックに穿山が霞んで見えました。

紅梅の花でした。

白梅の木でした。

萼梅の木でした。

可憐な白梅の花でした。


小東江の向こうの家が農家の人が経営するレストランでした。

川の向こう側に筏に乗ってエビと小魚を捕る漁師がいました。

桂林では「草蝦」という名前の蝦でした。

徐霞客が舟を上がった所だそうです。

韓さんが夢中に徐霞客が書いた「穿山遊記」を読んでいました。






どうしても高品な人間にはなれない男です。

訪問者(1208)
コメント(2)
作者: 「ふれあい中国」
 

コメント

1imai2014/01/31 09:38

 新年好 馬年 新年あけましておめでとうございます、  桂林も、高速鉄道が開通したようですね、北は北京、南は南寧からベトナムに行ける、物流や人の移動も早く行けるようになり便利になって行きますね!  桂林は梅がこれから満開を迎えるようですね、こちらは梅の蕾が少し膨らんで来ています、もう少しで咲き始めます。  春節で、中国から日本に旅行に来る人が、増えて来てるようです、日本から中国に行かれる観光客はガタ減りのようで、観光客で溢れるようになっていただきたいですね。

  • 2014/01/31 18:41

    いまいさん、新年明けましておめでとうございます。馬年に身体健康、万事如意!不景気で、今年の旧正月に爆竹が去年より大分少なかったようでした。でも、環境にいいし、掃除夫も楽になりました。今井さんの仰った通り、桂林では高速鉄道が開通しましたが、観光にはまだ効き目がありませんでした。逆に新旅遊法でおかげて、国内旅行が去年よりかなり悪かったです。日本人が寂しいぐらい少ない状態です。逆に桂林では海外旅行に行く人が増えてきました

コメント


facebook twitter weibo