お正月に桂林訾洲公園でチューリップ展が開催

2016年02月17日桂林の生活

   今年のお正月にも、桂林訾洲公園でチューリップ展が賑やかに開催されています。

   2014年3月に、主席の習近平と奥さんの彭麗媛がオランダを訪問した時、オランダチューリップ展に出ました。国の繁栄と国民の安泰を祈ろうと思い、彭麗媛はオランダクイーンからもらった新品種のチューリップを「国泰」と名づけました。2015年から全国各地でチューリップ展が開催され、今年はオランダからまず800本の「国泰」が発送され、山々を超え北京に到着してから、全国各地で展示されています。 

   今回桂林訾洲公園で「国泰」を含め、約40品種の10万本のチューリップが展示されています。現在の訾洲公園はまさに花の海のように、赤い「フランスの光」、黄色い「征服者」、白い「乾杯」、紫色の「紫服王子」などなど、太陽に当たりながら輝いています。あまりに美しい景色に引きつけられ観光客が後を絶たずに足を運んできており、公園中は人でいっぱいになっています。

   筆者は家族と一緒に訾洲公園に行ってきました。あまりに綺麗なチューリップを感心しながらたくさんの写真を撮ってみました。少しでも訾洲公園のチューリップ展の雰囲気を伝えられたら良いなと思っております。



 

 







訪問者(114)

コメント(0)

作者:(彭旻瑋 「ふれあい中国」)

コメントを書く

コメント&質問