中日友好の種を蒔いておきました

2016年08月11日その他

  娘が9月の新学期が始まると高校生になります。いつかは役に立つだろうと思って、夏休みを利用して、日本語を教えました。仲のいい友達も興味があるので、一緒に習いに来ました。教科書は北京第二外国語学院日本語専門の教材です。7月17日に始まり、週に二回勉強し、今の所、発音の部分は終わりました。子供たちはよく頑張ったので、一ヶ月もしないうちにすでに簡単な会話ができるようになりました。もしかしたら、将来、この子達は中日両国の友好のために役たつかもしれません。






訪問者(116)

コメント(2)

作者:(陸耀雲 「ふれあい中国」)

お客様からのコメント

1酔いどれ天使2016/08/17 10:54返信

日本語を学ぶ。英語なら苦にならないが日本語は、ちとハードルが高い。 それに挑戦されるうら若い学生さん達、頑張ってください。 出来ますことなら、「俳句」、「短歌」で己の心情を語り合いませう。 変わった日本語で「酔いどれ天使」を、大爆笑させてくださればおおうけでしょう。

  • リク2016/08/23 23:13

    天使、初めまして、どうぞよろしくお願いします。将来日本へ行く時、多少役に立てばという考えで子供たちに日本語を教えたのです。大学時代に「俳句」と「短歌」を少し習ったことがありますが、綺麗に忘れました。とても教えることはできません。変わった日本語をしゃべってしまった可能性は十分あります。でもお互いに通じれば、お互いに大笑いすることも悪くありませんね。最後ですが、わざわざコメントありがとうございました。

コメントを書く

コメント&質問