長城内外に燃え立つ紅葉

2016年10月26日中国観光ガイド

   

   10月23日は24節気の霜降で、北京八達嶺長城と八達嶺国家森林公園では紅葉の鑑賞する時季紅葉にを迎えました。(新華社より)

10月23日、紅葉が長城の内外を鮮やかに彩っていました。(新華社より)

10月23日、八達嶺国家森林公園の紅葉嶺景勝地で紅葉を見ていた観光者です。(新華社より)

訪問者(129)

コメント(2)

作者:(陸耀雲 「ふれあい中国」)

お客様からのコメント

1とうぶんり2016/11/01 23:42返信

確かに中国の経済の発展により、人々の生活レベルが上がり、心も豊かになりました。従来の物質満足という第一条件を満たす段階から精神的なものを求める二次元の段階に闊歩しました。その中でバラエティーに富む美しい花卉は最も人々の心を満足させてくれるものには他ならないであろう。そして花を愛する人は心も気持ちも優しくなり、お互いにその気持ちも静かに伝わることができるのではないでしょうか。

  • りlく2016/11/07 13:43

    こんにちは。コメントありがとうございます。桂林は南で、紅葉は来月は時季でしょう。現在、桂林に来るなら銀杏などの黄葉を見るのはちょうどいい時季です。週末には、人々が霊川縣の海洋郷にハイキングし、村中、畑と山などいたるところに銀杏の美しい景色が楽しめます。

コメントを書く

コメント&質問