中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ 中国観光ガイド 鳳凰古城めぐり

2019年02月14日鳳凰古城めぐり

   1月中旬、会社の忘年会で鳳凰古城に行ってきました。

   町から車にて鳳凰古城のすぐ近くまで来て、目の前には鳳凰古城の姿が広がっています。雰囲気のある古城だね…というのは鳳凰古城に対する第一印象です。

橋の上かた見た鳳凰古城の全貌

中国の元総理、朱鎔基が書いた「鳳凰城」

小道の上に赤い傘がたくさん~

  階段を降りて、川沿いを少し歩いてから、「鳳凰古城九景」の一つ・「熊希齢故居」に到着します。こちらは偉人熊希齢が生まれた家で、熊希齢先生の一生を写真や展示品などで紹介してくれます。

「鳳凰古城九景」の一つ・熊希齢故居

お祈りする観光客はお札を入れることがあります。また、鯉は幸運の象徴です。

   「鳳凰古城九景」と言えば、他に「沈从文故居」、「杨家祠堂」、「古城博物館」、「東門城楼」、「万寿宮」、「崇徳堂」、「虹橋」、「沱江下り」が挙げられます。

「鳳凰古城九景」の一つ・「杨家祠堂」

「鳳凰古城九景」の一つ・「古城博物館」

   時間が足りなく、「鳳凰古城九景」を全部回ることができませんでしたが、余裕を持ってゆっくりと回ればより深く触れ合えるでしょう。

   こちらは鳳凰古城九景の観光マップです。

鳳凰古城九景観光マップ

   最も印象に残ったのは「沱江下り」でした。小舟に乗り、沱江をゆっくりと下っていきます。あいにくの曇天で青空に恵まれていませんでしたが、緑の川、川沿いの木屋、笑顔があふれる人々…美しい絵になっていますね。とても落ち着いた雰囲気で気に入りました。

小舟にてゆっくりと進みます

沿岸の景色が目に入ります

沱江下りの降り場

   夕方になり、町がライトアップされると、鳳凰古城の違う景色を楽しむことができます。

夜の鳳凰古城

  一日が終わり、川沿いに座り、星空の下でぼんやりとライトアップの古城を見てみませんか。観光客が少ないオフシーズンならではの静けさを体験してみましょう

訪問者(32)
コメント(0)
作者: 彭(ホウ)旻瑋 「ふれあい中国」
 

コメント

コメント


facebook twitter weibo