中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ ニュース 中国人のゴールデンウィーク

2019年09月18日中国人のゴールデンウィーク

1999101日から中国人の法定休日は「春節」、「メーデー」、「国慶節」を含めた3つのゴールデンウィークの休日制度になった。ゴールデンウィークは7日間続く休日である。2008年から「メーデー」は3日間続く休日になり、その上に「清明節」、「端午節」、「中秋節」という短期間の休日を加えた。これで、中国人の休日は合計115日になった。

 同時に、改革開放の成果も見える。国家経済が急速に発展し、国民の所得も着実に増え続けている。中国人の財布が膨れてきた。ゴールデンウィークにショッピングと旅行が人達の人気な話題である。SNSで異国旅行の風景の写真とショッピングの戦利品を晒し、親戚友人とあらゆる所に遊ぶこと、中国人のゴールデンウィークが非常に多彩である。巨額の消費総額と巨大な人の流れは中国経済の生き写しになった。

中国旅行研究院のデータにより、1999年に最初の「国慶節」ゴールデンウィークでは中国人の旅行者人数が2800万人に達し、旅行総合収入が141億元にのぼった。でも、今のところで半日だけでこのデータが達成できる。2018年の「国慶節」ゴールデンウィークで各観光スポットの観光客人数が7.26亿に達し、旅行総合収入が5990.8億元にのぼった。

中国古くから「万巻の書を読むより万里の道を行くほうがいい」という伝統がある。ゴールデンウィークは中国人の物質的生活を満たすだけでなく、精神的生活も豊富にする。中国旅行研究院のデータにより2018年の「国慶節」ゴールデンウィークに90%以上の旅行者は文化活動に参加し、博物や美術館や図書館など訪れた観光客が40%以上に達した。

未来、ゴールデンウィークは価値をもっとアップさせるために、休日は更に合理化する。「文化と旅行の融合」という理念を通して经济の発展、就職の増加に有効の手段とし、国民の生活水準を高める重要産業である。

                       

訪問者(9)
コメント(0)
作者: 「ふれあい中国」
 

コメント

コメント


facebook twitter weibo