中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ 中国文化 中秋節

2019年09月11日中秋節

旧暦の八月十五日は中秋節という祝祭日である。中秋節は中国民間の伝統祝祭日である。中秋節の時期は旧暦の秋の中期で、それによって中秋節と呼ばれる。今年九月十三日は中秋節である。

 

起源は古代の中国人が天象を崇拝する活動である。古代から月の祭典、月を観賞、月餅を食べるなど活動を行っている。古人が丸い月に象徴し、家族団らんの意味をする。古歌の内容により、中秋節に故郷を離れた旅人が月見しながら思郷して詩を作った事がある。月に関しては、色々素晴らしい伝説もあり、嫦娥、玉兔、呉などの物語りが民間で広がっている。

      

             

                                                                     嫦娥


        

          中秋節は漢の時代に民間で普及され、宋の時代に流行していた。 中秋節と春節、清明節、端午節を合わせて中国四大伝統の祝祭日と呼ばれる。2008に中国の法定祝祭日となり、2006年に国家級無形文化遺産リストに登された。


 民間で中秋節といえば、みんなまず月餅がに浮かんで来る。宋の時代から月餅がはやっていた。月餅が最初は月神を祀る食物で、いまは家族団らんの時家族と一緒に食べるお菓子になった。月餅も家族団らんの意味を象徴にし、中秋節に親戚友人に差し上げる最高のプレゼントである。

                                                         

                                                                                  月餅 

                                                                                           
  


            いま日本にも中秋節に似た祝祭日があり、「十五夜」、「中秋名月」とよばれている。この日、日本人も月を観賞する。日本語で「月見」である。約1000年前に、中国から広まった後、「十五夜」に日本各地が「観月宴」を行うようになった。明治維新後、新暦を採用しながらも、いくつかの地域ではこの習慣が見られる。


訪問者(20)
コメント(0)
作者: 「ふれあい中国」
 

コメント

コメント


facebook twitter weibo