甲骨文解読の現状

2019年10月25日中国文化

                                  


120年前、金石学者の王懿栄は漢方薬「竜骨」から甲骨文を発見してから、多くの学者はそれに対して研究と解読を展開した。しかし、これまで半分の甲骨文は未だに解読できなかった。それゆえに中国文字博物館は10万元の賞金を出し、解読できる学者を募集する。残念ながら、初回の募集で、たった一人は10万元の賞金を獲得した。現在、二回目の甲骨文解読募集が始まっている。

現時点、甲骨文の解読はなおボトルネック期で、千字以上解読されていない。120年以来、何代にもわたって研究者がたえず考証しても、大体意味を確認できる単語はわずか1500字前後だった。解読できない甲骨文も発掘や新素材の発見によって増えている。大金の懸賞は甲骨文の研究を加速させたが、甲骨文まだ謎が多く、歴史的な課題である。


訪問者(16)

コメント(0)

作者:( 「ふれあい中国」)

コメント(ご意見・ご感想)を書

コメント&質問