今年の「メーデー」休暇

2020年06月01日中国文化

                                

  今年の「メーデー」休暇は12年ぶりに5日間の大型連休であり、中国が新型コロナウイルス疫病の抑制段階に入ってから初めての長期休日でもある。313日、国務院は2020年の祝日・休日を発表した。その中で、メーデーの連休は51~55日までの5日間である。今年のメーデーが5日間も続くのは、疫病流行の影響で各地観光地が一時的に閉鎖され、観光業は大きな打撃を受けたことが大きな原因の一つである。この時、全国的疫病の発生は基本的に終束し、武漢は全面的に解封した。不完全な統計によると、全国にはすでに70%近くの観光地が秩序ある開放をされている。各観光地も続々と営業が始まり、5日間連休を通して、人々の外出を少しでもリラックスさせ、国内観光業の復活を促進し、消費を促進することができる。




訪問者(109)

コメント(0)

作者:( 「ふれあい中国」)

コメントを書く

コメント&質問