旅行予約

2020年06月01日ニュース

                                 

従来の「旅行に行きたければすぐに行ける」とは違い、今年は疫病のため、すべての観光地で予約制を実施した。観光地では限定的な受け入れを再開し、厳格な人数管理制度を実行し、最大受け入れ量の30%を超えてはならない。観光客に対して人々の流れをコントロールする有効な手段であり、自身も大幅に管理コストを下げることができる。

 現場での発券サービスを減らし、人々の観光体験を向上させることができ、観光客の集中的な安全管理の圧力を軽減するなどである。短時間での「予約制」に対し、一部の観光客は「慣れていない」と打ち明けた。以前、旅行に行きたければすぐに行ける。今は早めの予約するだけでなく、人気高い観光地は早めに23日チケットを買らなければならない。旅行予約の習慣をつけることは、今のようにインターネットが発達した時代には難しくない。たとえば今回のメーデーは「予約なければ、外出できない」とは、観光客に制約を感じさせず、かえって便利な体験をしたのが良いスタートである。


訪問者(116)

コメント(0)

作者:( 「ふれあい中国」)

コメントを書く

コメント&質問