中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド 鳳凰 鳳凰の民族風情

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

鳳凰の民族風情

鳳凰県で主な少数民族はミャオ族であり、現地では独特の文化を持っています。

 

鳳凰ミャオ族追秋節

追秋節は秋社節または交秋節とも呼ばれ、湖南省鳳凰ミャオ族の伝統的な祝日です。立秋の時、地元の人々は農業をやめ、晴れ着を着て、一緒に坂の上に集まって、ぶらんこを打って、笙を吹いて、歌舞など娯楽活動を行います。イベント終了時には、入選者2人が「秋老人」に扮し、豊作と幸福を祈ります。

 

ミャオ族花大鼓踊り

ミャオ族花大鼓踊りは1種類の原始的な民間芸術であり、その歴史は古く、紀元前26002500年の黄帝と蚩尤大戦中に発明された戦鼓に起源します。花大鼓はきれいに着飾って、表面にはたくさんの鮮やかな花を貼りつけ、花鼓を打ち、貼った花を打っても落とすことはありません。花鼓打ちの技法が非常に多く、きれいで、飛躍して移動して、彩色絹が舞って、人の目を奪います。

 

六月六

「六月六」はミャオ族の祖先を祭る祝日です。鳳凰ではミミャオ族の青年天霊が皇帝を射殺するという伝説があります。伝説の英雄天霊、3年の訓練を経て、矢は皇宮の玉座まで射至れるそうです。でも弓を射るとき、皇帝は玉座に座っていなかったため行動がばれた後、死刑にされました。殺された日は六月六日。そのため、この日になると、ミャオ族の人々は鳳凰山に集まり、笛を吹き、ミャオ族歌を歌い、励まし、犠牲士を追悼し、幸福を祈り、未来と希望を祈願します。     

facebook twitter weibo