中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ラサ

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!
ラサ

ラサ観光

ラサはチベット自治区の政治、経済、文化、交通、観光の中心地で、ヤルツァンポ河支流の北にあり1300年の古い歴史を持っている都市です。言い伝えによりますと、ラサはかつて沼地で、唐の時代の文成公主(皇帝の娘)がお嫁に来る時、羊に土を運ばせて、埋めて平にした土地だそうです。9世紀ごろからラサと呼ばれるようになり、その名前には二つの由来があります。一つは『聖地』という意味で、もう一つは『神の土地』という意味です。現在ではチベット旅行の各地へのアクセスとして長距離バスやミニバスの起点となる重要な役割も果たしています。ラサの総面積は3万?、ラサ市内の総面積は544?あります。人口は約30万人で、その内市内人口は14万人弱です。チベット族、漢族の他にも回族(イスラム教徒)など約13の少数民族が生活しています。この内チベット族は人口の88%を占めています。神聖なチベット仏教や険しい山々、広大な高原などチベット旅行を満喫するのに欠かせない都市になっています。

ラサ観光スポット

バルコル(八廓街)

バルコル(八廓街)

八廓街は八角街とも呼ばれ、ラサ市旧市街のジョカン寺を巡る環状路にあり、ラサで1300年以上の歴史を持つ最も古い街でもあります。八廓街は7世紀にソンツェン・カムポ (松賛干布) 王はジョカン寺の建造と並行して周囲に4つの宮殿を建造しました。それが現在の八廓街における早期建築となっています。ジョカン寺の完成後、多くの巡礼者がジョカン寺を中心に巡礼に訪れ、八廓街に沿ってマニ車を回したり、五体投地をしたりして進んでいきます。また、現在はジョカンを囲む環状バザールでもあります。 八廓街はラサ古城本来の風...