中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ニュース黄山登山古道と古建築、黄山摩崖石刻群が全国重点文物保護単位に指定された
観光都市:
旅行日数:
催行都市:
キーワード:

出発地:

到着地:

出発日

都市:
クラス:
値段(RMB): -
キーワード:

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

黄山登山古道と古建築、黄山摩崖石刻群が全国重点文物保護単位に指定された

2013/05/10





この頃、黄山登山古道と古建築、黄山摩崖石刻群両方とも第7回全国重点文物保護単位に指定されました。

黄山は世界文化と自然遺産であり、世界地質公園、自然景観も独特で、生態のバランスも良いです。悠久たる人文歴史、濃厚的な文化遺産も持っており、世界的有名な観光景勝地です。黄山の石畳道は唐時代からはじめ、明清時代に形成され、民国時代に発展され、当代に整えたです。天海を中心に、東、西、南、北の四つのメインストリートに分けられ、小道で繋がり、観光地内の各見所へ行ける山道になっています。現在、石畳道の全長は85キロで、石段は6.3万余りの段数があります。歴代では石畳道を作る同時に、その近くに地域・時代特色が鮮明で自然風景とも調和する楼台、東屋、橋なども作りました。黄山の登山古道と古建築は人類が探険・観光するため、自然を開発・利用する知恵の出来物です。儒家、釋家、道家、民俗など多元文化が黄山で融け合う結果です。その石畳道を作る過程は黄山を建設・発展する歴史で、黄山の歴史の中で重要な影響を及ぼしただけではなく、現在黄山の旅行経済と文化の発展にも重要な働きをしています。

黄山には現存の歴代の摩崖石刻は300箇所余りあり、主に温泉、玉屏、北海、雲谷と松谷など各観光スポットと石畳道の岩石の壁に分布されています。唐の時代の詩人李白の「鳴弦泉」と「洗杯泉」を記載する彫刻は一番年代が古いです。民国時代の「立馬空東海、登高望太平」が一番彫刻の面積が大きく、一つの文字の直径は6メートルもあり、「平」という字の縦棒は9.4メートルもあります。それぞれの字も上手く、篆書、隶書、真書、草書の書体も揃えています。黄山摩崖石刻は自然風景と調和する文化長廊であり、一部花崗岩に彫刻した黄山の「史記」であり、一つ精華が集まる中国書法博覧館でもあります。それらは「神、奇、険、秀」の黄山により神秘さと歴史体験を与え、「黄山文化」の中心の物となっています。

facebook twitter weibo