中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ 桂林の生活 桂林の六合路にある古道具市場のご案内(一)

2012年01月10日桂林の六合路にある古道具市場のご案内(一)

 桂林では六合路が分かる人が多いですが、そこにある「六合路古道具市場」が分かる人がたぶん少ないと思います。「六合路古道具市場」が七星公園の裏側にある岩穴の辺にあるので、地元の人はそれを「七星後岩跳蚤市場」とも言います。「跳蚤市場」は中国語では古い物や安い物を売る市場です。人々は土日を利用して、自分のいらないものをここで売ります。場所代も管理費も要らないので、値段が安くて、回りにくる人は結構多いです。でも交通渋滞の原因になるから、市内の賑やかの所にある「跳蚤市場」は全部取り締まられました。残ったのは辺鄙なところにある「六合跳蚤市場」だけです。場所が分りにくいのでしょうか、ここに来る若い人が少ないです。来るのはほとんど年寄りの人です。
先週の日曜日、天気が暖かくなって、七星公園を通り抜けて、「六合跳蚤市場」を一人でぶらぶらしました。別に買いたいものがあるわけでもなく、あそこの特有な古めかしい雰囲気を体験したかっただけです。
さて、次は私について、あそこへ行きましょう。七星公園の北門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七星公園の北門を出るとすぐ「六合路」に来ました。ここは「六合早市」です。ここの露天は主にフルーツ、野菜、鶏などを売ります。管理費が要らないので、値段は自由市場よりも安いです。朝の運動がてらに買いに来る老人が多いです。桂林では今市場でよく売っているフルーツはサトウキビ、ザボン、金柑、オレンジ、蜜柑、バナナと北方から輸入して来た梨、リンゴなどがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 







餃子店、煎餅屋


 



 

 

 

 

 

 

 

 

    

向こうには肉まんじゅう、餃子店、煎餅屋、ビーフン屋さん、二元ショップの店などがあります。
桂林の地方特色のある朝食を売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


桂林の地方特色のある朝食を売っています。
桂林の地方特色のある朝食を売


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                外で食べるのが懐かしいです。
お菓子屋さんもあります

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お菓子屋さんもあります。
甘栗を作る露店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


甘栗を作る露店
昔洋服を洗濯したり.桂林

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昔洋服を洗濯したり、髪を洗ったりする茶麩がここで見つかりました。天然のものですから、最近桂林の女性がこれで髪を洗うのが流行っています。
ドライフルーツ屋さん.桂林

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 


             ドライフルーツ屋さん
農産品兼お茶屋さん.桂林旅行




 

 

 

 

 

 

 

 

    

農産品兼お茶屋さん
 
        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい人です。看板によるとここで漢方でほとんどの難病が治療できるそうです。運命を占うこともできます。肖像絵も書けそうです。若い人は一枚35元、年寄りはサイズによって、それぞれ60、70、80元です。かいた肖像は本人に似ていないならお金を取らないなどの内容を書いてあります。

訪問者(1301)
コメント(4)
作者: 「ふれあい中国」
 

コメント

1桂林浪漫2012/01/11 18:58

それにしても、寒くて風が強くて年寄りは、家の中で「冬籠り」、若者は、インターネットカフェで聊天。七星公園の北、解放橋渡り、小東江から霊剣渓の間には「自由マーケットが軒を並べていますねー。この道路は、十字路から⑩バスで電子科技大学行きに乗れば行けますね。東環市場よりも確かに安くもの買えます。価格も値切りが大幅にできますし、それぞれ個性があって屋根つきの市場よりも面白い。写真にあるような、甘栗の焼いたのも5斤ぐらいかって、スチームが効いた部屋でバリ、カキッと葉で割って、爪先で開いて食べたい!南京豆と同じで、食べ始めたら止まるところを知りません。乾燥果物、茶麩、快速飯、屋台(3,4元飯)、似顔絵屋、万病薬売り、朝から晩まで、この6合路を歩けば、僕のポケットは、ズボン2か所、上着2か所、満杯ですわ。そんな食いしん坊には、中山服(人民服)が便利かな?中山服の上着のポケット、文革時の写真見ると大きく膨らんでいますね。綿入れの中山服探してクルミ、南京豆を詰め込み、普陀路から会仙路を抜け、龍隠路を一回りしながら、ぼりぼり、ぽりぽり「ぺーっ」と、老三届時代の吾輩は、マナーなくても白目でみられませんね。桂林中日友好書法碑林を訪ねてみるのもよいかな。市井の生活を取り上げてコメントするのは、外国人に多くの興味を持たせます。たこ焼き、タイ焼きをして、桂林人がどのような関心があるのか、営業してみたくなります。

  • 2012/01/12 02:57

    こんにちは。今日、新しい友達ができて、たいへん嬉しいです。暁梅さんは天元旅行社で別な仕事をしています。おかげ様で、今元気ですよ。私はこの仕事をして三か月ぐらいになりました。経験はまだ足りないし、日本語のレベルもまだまだです。これからぜひよろしくお願いします。いいアドバスがあったら、ご遠慮なく教えて下さい。今年の旧正月は今月の二十三日です。その時も旧正月についてご紹介したいと思います。よろしくお願いします。

2imai2012/01/11 17:12

大陸さん初めましてこんにちは! 小梅さんには色々コメント差し上げましたが、どうなされていますか?  大陸さんの桂林情報も、桂林の生活の中の色々な場面が出て来て楽しめます。  日本では、新年明けてしまいましたが、中国はこれから旧正月が来るので 年末の雰囲気が出て来てるんでしょうね、桂林情報を楽しみにさせていただきます。

  • koume2012/01/12 12:11

    今井様、お久しぶりです。陸さんの文章にもコメントしていただき、ありがとうございます。私やはり桂林天元国際旅行社で働いていますよ。ご関心どうもありがとうございます。ところで、大変残念なことに今年に入ってから日本YAHOOのブログが中国で開けなくなり、更新することができませんでした。

コメント


facebook twitter weibo