中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ 桂林の生活 桂林の六合路にある古道具市場のご案内(二)
<<  < 2017  10月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2012年01月12日桂林の六合路にある古道具市場のご案内(二)

六合路から右の横道によって、三十メートル歩くと「六合自由市場」が見えてきます。ここから「尋源橋」までの五十メートルの道には漢方の屋台がずらりと並んでいます。外に筆、胡弓、玉、切手アルバムなどいろいろな物を売っています。ここを歩き回るとなんだか時の流れが三十年前の改革開放の年代に止まったような錯覚を起こしました。懐かしい気も気が胸一杯です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは野菜と肉の自由市場で、古道具市場はここから五十メートル先です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


CD,VCDを売っています。視聴用の機械を用意してサービスが行き届いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        手作りの筆、笛と胡弓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




昔ままのおもちゃを売っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


文革大革命の年代には、一台のミシンを持つのは当時の女性の大きな夢でした。リッチな家庭では新婚さんの家にはお嫁さんを喜ぶために必ず一台のミシンを置くことでした。当時の若いお嫁さんは現在どうなっているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      漢方薬の卸場ではいろんな薬を売っています。この薬を宣伝する看板を読んだら、面白いですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「飲んだら絶対効くよ」とこのおじさんは自信満々にお客さんに宣伝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


打撲、関節炎などに効く薬草を売る同時に関かんぬきのサービスも提供します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
漢方薬のいい匂いが溢れた薬草卸場を歩き、別に何も買わなくても十分楽しめますね。

 

訪問者(1096)
コメント(0)
作者: 「ふれあい中国」
 

コメント

コメント


facebook twitter weibo