中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ 中国観光ガイド 霊川県霊田郷の西岸村から大墟鎮の熊村までハイキングしました(四)

2012年02月15日霊川県霊田郷の西岸村から大墟鎮の熊村までハイキングしました(四)

桂林 小雨 8~11
三時半半ごろ、南積村を出発しました。十分ぐらい歩いて、「大橋山」と言う村に着きました。ここからはセメントの道になりました。まっすぐ行くと十分で終点の熊村に着けますが、田園風景を見るために私たちは遠回りした田んぼの道を選んで、歩きました。途中で菜花と大根の花が奇麗でした。二三十分畦道を歩いて、ようやく熊村に到着しました。
熊村は大墟古鎮から八キロ離れ、今までよく保存された湘桂古商道にある古鎮の一つです。行政は大墟鎮に属しています。村の人はほとんど「熊」の姓なので、「熊村」と名付けられたわけです。文革大革命の時に「熊村」の「熊」は同じ発音の革命の意味がある「英雄」の「雄」と変えられてしまいました。だから、「熊村」は「雄村」とも言います。熊村は宋の時代から建てられ、今になってもう千年ぐらいの歴史がありました。地面は石畳と卵石で敷かれています。街全体は緩い坂のの上に建てられ、周辺の地勢が平坦で、遠い所には山山が見えます。小川が町の傍を流れ通っていて、町の人は用水路を造って、河水を町内に導入して、野菜や、洋服などを洗濯します。縦横に走る渓流は熊村のひとつ特有な風景になりました。昔、村の人が商売して、お金持ちにったでしょうか、町の家はほとんど青煉瓦造りの家です。家家は石畳の道の両側に立ち並んでいて、デザインが明、清時代の風格の建物です。ひとつの特色として家はほとんど中庭があります。中庭は屋根がないので、雨水を受けることができます。野菜と洋服の洗濯はここでします。中庭にはよく花卉の盆栽が飾られています。
 年代のある石畳の道を歩きながら、古朴典雅な道の両側にある家家を見て、心の安らぎを覚えました。街には人が少なくて、寂し感じでした。お金持ちの人はみんな別の所へ引っ越ししてしまいました。残りは貧乏な人が多いです。若い人は出稼ぎに行ったでしょうか、見えた人は老人と女ばかりでした。家の壁に残った文化大革命の赤いスローガンと壁の隅に生えた緑の苔を見て、いろいろなことを偲ばれました。人生は空しいですね。
 四時十五分、帰りのバスに乗り、五時頃桂林甲天下広場につき、みんなが解散しました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田園風景を見るために遠回りした道を歩きました。
田園風景を見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここの菜花は油を搾るためではなく、菜をたべるために作ったのです。
菜花は油を搾るためではなく


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大根の花です。春の時、水田の肥料になります。大根の花です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



桂林旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


熊村の自由市場
桂林熊村の自由市場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



中国桂林 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊村にはこのような路地が六本あります。
熊村にはこのような路地が六本あります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


縦に走る路地の横にtたくさんの横町があります。
縦に走る路地の横にtたくさんの横町があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この奥深い巷から悠々たる歴史が読めますね。
この奥深い巷から悠々たる歴史が読めますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      お婆さんが石臼の上で洋服を洗濯していました。
お婆さんが石臼の上で洋服を洗濯していました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


古井の中にパイプを入れて、ポンプで井水を吸い上げます。
古井の中にパイプを入れて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


文革の時に書いた「革命門」の字がまだ読めます。路地にこのような門がよく見えます。昔夜になると、門を閉めて、泥棒と山賊を防ぐことができます。
文革の時に書いた「革命門」の字がまだ読めます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このように無造作に石の上に座って、気軽に話すことは楽しいですね。
このように無造作に石の上に座って
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のどかな風景です。
 

訪問者(1060)
コメント(2)
作者: 「ふれあい中国」
 

コメント

1桂林浪漫2012/02/17 18:44

なかなかいい写真撮れていますね。特に眼鏡橋の水面に映る倒立した眼鏡橋が気に入りました。澄み切った空気、清らな小川があってこそ、このような写真になるのではないでしょうか!ニコンかキャノン製の一眼デジタルカメラで撮影を試みたいです。今、私は一眼デジタルカメラは持っていません。コンパクトデジタルカメラでは限界があるように感じます。このような自然そのものの被写体を撮るときは、どうしても一眼デジタルカメラで、三脚に固定して撮りたいです。宋~明~清~民国~共和国と変遷を経て来たこのような建築遺産、いち早く訪れてバシャ、バシャとカメラのシャッターを切りたいですね。陸さんの旅行記を読むとますます桂林への旅情が募ります。

  • 2012/02/18 02:00

    コメントをいただき、ありがとございます。長い間、ずっとブログを御熱心にご注目していただいて、感謝する言葉もありません。私が使っているカメラは一昨年の末、ハイキングのために買ったキャノンG12型のカメラです。桂林は間もなく春になるので、ハイキングのいい季節が来ます。明日、「玉龍河」から「大榕樹」までのコースをハイキングする予定です。またいい写真が撮れると思います。お楽しみになさってください。

コメント


facebook twitter weibo