中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ その他 中国の旧暦二月二日「龍擡頭」の祭り

2012年02月23日中国の旧暦二月二日「龍擡頭」の祭り

桂林 小雨 10~12                    2012年2月23日
 
 今日は昨日より少し気温が下がりました。小雨はまだ降っていますが、二日間かかっていた霧が消えてしまいました。午後、灕江の写真を撮りに行きました。最近よく小雨が降ったので、灕江の水が少し増えました。竹江船着き場から陽朔までの灕江下りは四時間半まで短縮するようになりました。
 今日は旧暦の二月二日で、民間では「龍擡頭」の日としてお祝いします。伝説によって、冬に冬眠していた龍がこの日に目が覚めて、頭を擡げ始まり、その後は雨がよく降るそうです。農閑期に休んでいた農家の人もこれから野良仕事が始まるようになります。そのわけで、旧暦の二月二日は「春耕節」とも呼ばれています。民間は二月二日の日に理髪する風習があります。この日に理髪する人はその後の一年中元気で、好運になるそうです。それで、この日は床屋さんにとって、一年中の中で商売の一番いい日です。午後の四時頃、わざわざ床屋さんへ散髪に行きましたが、夜の八時まで番を待たなければなりませんとマスターがそう言ったので、帰りました。八時に過ぎて、電話をかけて連絡するとやはりお客さんが一杯だと言われて、とうとう諦めてやめました。外に二月二日の日には女の人が針仕事してはいけないとか、井戸から水を汲んではいけない(前の日に水を汲んでおきます)とか、いろいろな風習があります。
灕江.桂林観光
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




灕江.桂林観光


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



わざわざ床屋さんへ散髪.桂林

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


桂林旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訪問者(1577)
コメント(0)
作者: 「ふれあい中国」
 

コメント

コメント


facebook twitter weibo