中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ 中国観光ガイド 桂林「遇龍河」景勝区のハイキング案内(一)

2012年02月22日桂林「遇龍河」景勝区のハイキング案内(一)

旧暦の正月が終わり、今日は旧暦の二月の一日です。「雨水」の節気が終わって、桂林ではだんだん暖かくなりました。朝、水道の水で、歯を磨いたり顔を洗ったりしても骨まで冷え込む寒さは感じなくなりました。小雨の天気はがまだ続いています。それに霧がかかったので窓をちゃんと閉めないと湿気が家の中に入り込んで、壁と家具などの上に露の滴がかかるようになってしまいます。
先週の土曜日、二年ぶりに「遇龍河」景勝区のハイキングをしました。元はAコースの「花江」を歩いて、古村を見るつもりでしたが、参加者の数が少なかったので、Aコースはキャンセルされました。それでBコースの「遇龍河」をハイキングするようになりました。これも一つの縁ですよね。二年前、家族三人で朝陽船着場から「旧県」の古村を経由して、「遇龍河」を溯って、ハインキングしたことがありましたが、当時は景色だけ注目しました。今度は景色を楽しむと同時に農家の生活ぶりにも気をつけて、特別の収穫を獲得しました。今度のハイキングは参加者合わせて、46人いて、朝8:40甲天下広場の南城百貨デパートからバスに乗って、出発して、桂林に戻ったのは19:00でした。歩いた時間は五時間でした。
「遇龍河」は桂林の臨桂県の白粘嶺に源を発し、全長は43キロぐらいで、主に白沙鎮、高田郷などを経由して、「工農橋」の下の青厄渡船着き場で「金宝河」と合流して、更に下流の「田家河」と合流した後、最後は「灕江」に流れ込みます。「遇龍河」は美しい川で、水が清らかで、水の流れが緩やかで、両岸にある山山と田園風景が奇麗に川面に映ります。特に「遇龍橋」から「工農橋」までの間は「小灕江」と呼ばれています。
遇龍河
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遇龍村の近くでみんながバスを降りました。
遇龍村の近くでみんながバスを降りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


水田のもとで新しい家が建てられました。
水田のもとで新しい家が建てられました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


火に当たっているおじいさん。
火に当たっているおじいさん.遇龍河

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      岩の隙間に伸び込んだガジュマルの根っこ

 


桂林旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


庭に車が二台も停まるています。


中国桂林

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


農作物の代わりに、農家はよくフルーツや苗木の経済作物を栽培しています。
農家はよくフルーツや苗木の経済作物を栽培.遇龍河

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        竹筏の遇龍河の川下りのチケット売り場
農家はよくフルーツや苗木の経済作物を栽培

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

    「文革」の時から残されてきたスローガン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     「字牌」をやっていますね。
字牌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        火事で焼かれた家。
火事で焼かれた家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国桂林旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 


  桂林旅行観光
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

恥ずかしがり屋の子供達はどうしても写真を撮らせてくれませんでした。
恥ずかしがり屋の子供達はどうしても写真を撮らせてくれませんでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       なんの字も書いていない赤い紙を五枚も額縁に張るのは初めて見ました。何かの意味があるに違いないです。でも何でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     八十歳の年があると見えて、長生きですねとお世辞を言うつもりでしたが、聞いたら、まだ六十何歳で、気まずかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
表から撮った「遇龍橋」の写真
表から撮った「遇龍橋」の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


反対側から撮った「遇龍橋」の写真。
「遇龍橋」の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
絵のような「遇龍河」
絵のような「遇龍河」<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



絵のような「遇龍河」<
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


鵜飼、竹筏と漁火は「遇龍河」の特色です。
竹筏と漁火は「遇龍河」.桂林旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



桂林旅行
 


 

 

 

 

 

 

 

 







 

 






 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遇龍河」は広さ4.2メートル、高さ9メートル、長さ36メートルあります。明の永楽十年(1412年」に作られ、虹式単拱橋に属しています。全部条石で建てられ、粘着剤を使っていませんでしたがす百年を経っても橋はまだ丈夫です。橋は素朴典雅で、民族の特色があります。中国のとても有名な映画「劉三姉」のロケーションになったかとがあります。1944年、日本軍が村に侵入してきたとき、地元の人が橋の対岸の「天作寨」を占拠して9ヶ月間続いて必死に抵抗して、村を成功に守りました。。そのことを記念するためいに橋の上で「遇龍村抗戦勝利碑」を建てました。文革大革命の時、その石碑は壊され、遇龍河の中に抛り出されました。1987年、川の底に石碑の下半分を引き上げ、元の所に立て直しました。

訪問者(1211)
コメント(2)
作者: 「ふれあい中国」
 

コメント

1江树2012/02/27 14:10

最后一张图 感动。石若有情,不知作何感想。

  • 2012/02/29 02:07

    谢谢老友的关注!这半截碑的确值得我们我们的深思呀!

コメント


facebook twitter weibo