小寒にお餅作り

2016年01月07日桂林の生活



今年の1月6日は小寒という節気です。

広西省桂林市桂北山卿の全州県では、小寒の日にお餅を作る風習があります。この日にお餅を作っておき、お正月の時に親戚や友人にプレゼントとしてあげたりします。

中国の南の方では、冬の時によく手作りのお餅を食べます。もち米と米を水に暫く置き、磨いてから丸い形にし、蒸してから完成です。食べる前に、油で少し揚げたら出来上がりです。また、火で焼いてもとても美味しく作れます。表がサクサクしているが、中身がモチモチ感を持っています。いい匂いを持っており、もち米の元々の味が味わえるのです。

以上の画像では、地元の人はお餅の上に赤い花の判子を押しています。

訪問者(72)

コメント(0)

作者:(彭旻瑋 「ふれあい中国」)

コメントを書く

コメント&質問