定年後、このような人たちの仲間入りをしたいです

2016年09月13日その他

   朝の10時頃、穿山公園の近くまで散策をした時、抑揚の歌声が聞こえてきました。それに連れられ、公園のあずまやの所に辿りました。数人かの高齢者たちが自分で音楽を伴奏しながら、歌を歌っていました。歌は蒙古族の歌手・ブレンバヤルさんの「天辺」で、草原の景色を描いた聞き良い歌でした。みんなが楽しそうに歌ったムードに影響され、思わず一緒に唄を歌いました。

   産児制限の政策で、中国の都会部の家庭はほとんど三世代同居の家族です。定年した人は職場の仕事が終わったとは言いますが、家の家事はまだまだ続かなければなりません。病気にかかったら、家族の負担になるので、毎朝、たくさんの老人たちは近くの公園へ行って、運動するのです。その後、自由市場へ行って、家族の一日の料理の材料を買うのです。孫の面倒を見るほか、家の掃除とご飯を作ることは主な家事です。暇があれば、近所の友達と麻雀とか字牌、あるいは将棋をするのが楽しみです。道端で、麻雀と字牌をする人と比べて、今の彼たちの方がよほど上品だと思いました。将来、定年したら、彼たちのような仲間入りをしたいと思いました。


訪問者(179)

コメント(0)

作者:(陸耀雲 「ふれあい中国」)

コメントを書く

コメント&質問