中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ 中国観光ガイド 西山―桂林西山公園の見物(二)

2016年09月30日西山―桂林西山公園の見物(二)

   秋分が過ぎた後、秋が更ける一方でした。雨上がりの林には腐葉の匂いが発散していました。つくつく法師とみんみん蝉が名残惜しいように一生懸命に生命の挽歌を唄っていました。同じ公園の中ですが、賑やかな西湖と比べて、西山の方は別天地のように人が少なく、静かでした。落葉がはらはらと登山の道に舞い落ちて、一人でそののどかなところを歩いていました。

   西山は西峰、観音峰、魚立峰、千山の四つの峰からなっています。一番高いのは107mの西峰ですが、主峰が観音峰です。西山は唐代に仏教の聖地で、当時の中国南方で最も有名な寺院―西慶林寺がありました。

   20分ぐらい登って、西峰亭があり、街の景色が一見見下ろすことができました。あずまやの周りは平らの台で、もしかしたら、西慶林寺がそこにあったかもしれません。更に5分間登って、階段のすぐ左側の岸壁に様々の仏像の石刻が現れてきました。それは唐の調露元年(679)に李実が作った毘盧遮那仏です。西山は現在仏壇が90箇所、大小様々の仏像が200余点あります。千何百年以来、かつて繁華だった西慶林寺が特に潰れてしまいましたが、仏さんたちがずっと笑顔で世間の人々に向かってきました。

   下山のところ、やっと一人の観光客に出会って、思わず挨拶をしました。登山には分け道がたくさんありましたが、不思議な所に下山したとき、またスタートの所に戻りました。

訪問者(923)
コメント(0)
作者: 陸耀雲 「ふれあい中国」
 

コメント

コメント


facebook twitter weibo