中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド 迪慶(シャングリラ) 迪慶(シャングリラ)の名物料理

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

迪慶(シャングリラ)の名物料理

麂肉の炒めた料理

シャングリラのリス族は出猟することが好きです。獣の肉で作る料理がよく食べます。麂(鹿類に属する)肉の炒めた料理は名物料理です。作り方:先ず麂肉は角切りにし、水で洗っておきます。強火を付け、鍋の中に油、唐辛子、山椒、大蒜、生姜を入ってよく炒め、麂肉を入り、スープをさし、塩とズクを加えます。それから、鍋に蓋を付けてとろ火で長時間に煮込みます。この料理は明るい赤を付け、辛いスパイスの香りをもっています。

子豚肉の水煮

子豚肉の水煮は広く知られているリス族料理です。材料は二かっ月を満ちた子豚であり、角切りにし、清水でよく洗い、黄色く焼いたズクを加え、泉の水をさして煮ます。沸かせてから、中火で肉質は透き通るようになるまでに煮込んで出来上がります。

出来上がった肉は特製のソースを付けて食べます。料理の美味しさはソースにあると言っても過言ではありません。ソースの作り方は干し唐辛子、生姜、葱、山椒を石臼に入ってつき砕き、先ほど出来たスープをさし、調味料を加えて作ります。ソースは子豚肉と一緒に出されます。肉はとても柔らかく、ソースを付けて食べると非常に美味しいです。客を招待するごちそうとする料理だけではなく、シャングリラの山神トーテム祭祀のお供え物として用いられる料理でもあります。

醸豚肺(豚の肺の詰め込み)

醸豚肺はシャングリラ伝統的な料理です。作り方:豚の肺臓に清水を吹き込んでよく洗います。小麦に水をさして繰り返して捏ね、生麩に作ります。生麩に玉子、ゴマ油、塩などの調味料を加えてよくかき混ぜてから豚の肺に詰め込んでから、はいの管をしっかり絞っておきます。土鍋に水をさし、沸かせてから詰め込んだ豚の肺は中に入って強火で20分くらい煮ます。次ぎはとろ火で3時間くらい煮ます。それから、よく煮た豚の肺は長さ5センチ、幅3センチ、厚さ0.5センチのスライスに切り、鍋のお湯に入り、胡椒、塩、味の素を加えてしばらく煮て出来上がります。この料理のスープが黄色く、肉が柔らかく、においがとてもいいです。シャングリラナシ族の伝統的な料理です。

天麻扣鶏

『神農本草経』の記載によりますと、天麻は疳を治し、気が遠くなることの治療、元気を回復することに効果が著しいです。天麻扣鶏はシャングリラの有名な薬膳料理です。天麻は小粒に挽き、鶏肉は角切りにし、塩、胡椒、生姜を加え、スープをさして長時間に煮込みます。鶏肉の舌触りがとてもよく、スープはいいにおいをします。栄養に富んだ料理であり、高血圧、頭痛に効果が著しいです。


彝味兎

彝味兎は彝族のバーベキューの代表的なものです。ウサギをころし、皮をむき、内臓を取り除い、よく洗ってから干します。塩でウサギのうわべを塗り、10分間くらい漬けてから水分を取ります。それから、ウサギを串にさしておき、竹串でウサギのうわべに穴をさし、味りん、ズク、ライラック、肉桂、胡椒から作った出し汁で塗り、30分くらい漬けてから水を拭い取り、火にかけて焼きながらごま油を塗り、黄色くなったら出来上がります。すごくいいにおいが鼻につきます。

琵琶肉

琵琶肉はチベット族の伝統的な作り方で作ったベーコンです。作り方:豚の内臓と骨を取り除い,山椒、ズク、塩などの調味料を詰め込んでからよく縫い合い、上に石板を置き、長時間に圧力を受けてぺしゃんこになり、形は琵琶のように見えることから、「琵琶肉」と呼ばれています。琵琶肉の作り方は1000余年の歴史を持っています、4-5年の長い時間をわたっても腐らないです。肉の色が透き通り、味がとてもよく、独特な風味を持っています。チベット族の人々はお客をもてなすごちそうです。

facebook twitter weibo