中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ハミ

ハミの情報

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!
ハミ

ハミ観光

   ハミ地区は新疆ウィグル自治区の最東端に位置し、天山の北南に跨っています。東部、東南部は甘粛省酒泉市の粛北モンゴル自治県、安西県、敦煌市南部は新疆巴音郭楞モンゴル自治州若羌県西部、南西部は昌吉回族自治州木塁県、トルファン鄯善県北部、北東部はモンゴル国と接しています。境界線は586.663キロに達しています。ハミ市、伊吾県と巴里坤カザフ自治県を管轄しており、面積は13.9万平方キロ、人口は約58万人(2013年)、漢民族、ウィグル族、カザフ族、回族、モンゴル族など36の民族が居住しており,少数民族の人口は31.8%占めています。


   ハミ地区の最北端は巴里坤カザフ自治県三塘湖郷の大哈甫提克山であり、北緯45°5′33″、最南端はハミ市南湖郷の白竜山の近くであり、北緯40°52′47″、最東端は星星峡の北東側であり、東経96°23″、最西端は七角井の西側であり、東経91°6′33″に位しています。北南の長さは440キロ、東西の長さは404キロです。総面積は15.3万平方キロ、新疆総面積の9%占めており、新疆の三番目大きい州です。


   大昔に昆莫と呼ばれ、漢代に伊吾や伊吾慮と呼ばれ、唐代に伊州と呼ばれ、元代にハミ力と呼ばれ、明代以降はハミと呼ばれています。昔からハミは西域と中原との交通の要衝に位置しており、2000年前に西域の重要な戦略要所として占領するために漢王朝と匈奴と激しく戦いていました。特殊な地理位置として大きな役割をしたことが多くの史書に記載されています。


   ハミは典型的温帯大陸性乾燥気候に属しています。天山山脈の東から西まで400キロの地帯に、山の南部と北部はまったく違う二つの自然環境区を形成しています。山の北側にある巴里坤県と伊吾県は草原が広がっており、夏が涼しく、冬雪が豊富、自然風景が麗しく、重要な牧畜業の生産基地と観光名所となっています。山の南側のハミ盆地は乾燥で雨が少なく、昼夜の温度差が激しく、日照時間が長く、ハミメロンとハミナツメの主な産地です。


   悠久な歴史、奥深い文化、濃厚な民族風情を持つハミ市に人文、歴史と自然風景が多く分布しています。雄大の天山は域内を横切っており、まったく異なる気温帯を形成し、山の北部は草原風光を見せ、山の南部は砂漠風光が広がっています。「十里ごとに天気が変わり、一日に四季の景色が見られる」、「新疆風光の縮図」と称されています。主な自然、人文景観は雄大の天山、神秘的な魔鬼城、ハミ回王陵、蓋斯墓、ハミ鳴沙山、怪石山、巴里坤湖、ハミ廟尓溝、喀尓里克氷河、ハミ黒溝、焉不拉克古墳群、仏教寺遺跡、巴里坤古民居などがあげられます。「スイス風光」と称される東天山風景名勝地が国家級AAA風景区に選ばれています。その他に、砂漠探険や「農家楽」という民俗風情を体験する観光などのプロジェクトが開設されています。ハミ市は新疆四大重点観光建設都市の一つであり、「中国優秀観光都市」に選ばれています。

ハミ観光スポット

ラプチェック(拉甫却克)古城

ラプチェック(拉甫却克)古城

ラプチェック(拉甫却克)古城はハミ市の東65㎞に位置する四堡村にあり、後漢時代の宜禾都尉の屯田城跡と唐の時代の納職県の城跡として1957年に新疆ウィグル自治区の重要文化財に指定されました。 ラプチェック古城の遺構 ラプチェック古城の規模は南北500m、東西300mで白楊河を挟んで南城と北城に分かれ、全体が漢字の「呂」の字形を呈していています。北城の城壁は下部を土を突き固めた版築工法で、上部は干し煉瓦で構築され、西端に角楼が立ち「馬面」という張出部の遺構が残されています。南城の構造は特徴的...