中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイドハミ観光スポット

ハミの情報

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

ハミ観光スポット

ハミの観光スポットについては、次の紹介をご覧ください。人気の観光スポットやカテゴリー別観光スポットでハミの魅力を存分にお届けいたします。

もっと見る自然景観

ハミ白石頭風景区

ハミ白石頭風景区

ハミ白石頭風景区はハミ市から北に70km離れており、青々とした草原と松林の間には白い巨石があります。その様子が白い牛が草原に座っているように見えることから「白石頭」と名付けられました。総面積200?を誇るこの風景区は東にイングル草原、西にバリカン草原とつながり、南には万年雪に覆われたカルリク雪山、北にはバリカン北山の峰々が聳えています。また、昔から新疆の避暑地として有名で、現在は国家3A級風景区に指定されており、白石頭、天山廟、鳴砂山、松樹塘、寒気沟の5つのエリアに区分されています。  風景区ではゴビ砂漠、草原、松林、雪山といった景観が次々と入れ替わるように続き、草原にはカザフ族のテントが点...

もっと見る宗教・信仰・寺

ハミ白石頭風景区

ハミ白石頭風景区

ハミ白石頭風景区はハミ市から北に70km離れており、青々とした草原と松林の間には白い巨石があります。その様子が白い牛が草原に座っているように見えることから「白石頭」と名付けられました。総面積200?を誇るこの風景区は東にイングル草原、西にバリカン草原とつながり、南には万年雪に覆われたカルリク雪山、北にはバリカン北山の峰々が聳えています。また、昔から新疆の避暑地として有名で、現在は国家3A級風景区に指定されており、白石頭、天山廟、鳴砂山、松樹塘、寒気沟の5つのエリアに区分されています。  風景区ではゴビ砂漠、草原、松林、雪山といった景観が次々と入れ替わるように続き、草原にはカザフ族のテントが点...

もっと見る博物館・美術館

ハミ博物館

ハミ博物館

ハミ(哈密)博物館は1988年に創建され、2009年にハミ市環城路の歴史文化区に移され、ハミ回王陵とドランムカム(木卡姆)文化伝承中心に近隣しています。 ハミ博物館の建築面積は12000㎡、陳列室の面積は7000㎡を超え、臨時庁、自然、地質陳列庁、古代文明展庁、ドランムカム文化庁に分けられています。館内には12000点以上の所蔵文化財があり、その中には一級文化財45点、二級文化財48点、三級文化財122点が含まれています。 「多元文化、中西合壁」の博物館 博物館は4階建てで、東西両側の装飾には中原や西域建築の特徴が見られ、上部にある円形の学術庁は青銅器の「鼎(かなえ)」に似ており、中国文...

もっと見る陵墓・陵園

イエンブラク(焉不拉克)古墓群

イエンブラク(焉不拉克)古墓群

イエンブラク(焉不拉克)古墓群はハミ市の柳樹泉農場であるイエンブラク村に位置し、約2500~3200年前の古墓群が1986年に発掘され、新疆地区で最も重要な鉄器時代初期の遺跡の一つとして全国重要文化財に指定されています。 イエンブラク古墓群の墓葬形制 総面積約8000㎡と広大な古墓群は北西から南東へと走る二つの段丘に分布し、墓室は竪穴土坑墓と竪穴二層台土坑墓に分類され、単人葬と多人葬があり埋葬方式は屈肢葬が大部分を占めますが直肢葬もみられます。また発掘調査を行った結果、墓葬形式は大きく前期、中期、後期に分けられます。前期は中原地方の西周初めから中ごろ、中期は西周終わりから春秋時代にかけ...

もっと見る古鎮・古城

ハミ魔鬼城

ハミ魔鬼城

ハミ(哈密)市から南西に約100㎞離れた五堡郷という土地に東西50㎞、南北40㎞のヤルダン(雅丹)群があり、2010年には「哈密雅丹地貌公園」の名で国家4A景区に認定されました。ヤルダンとは風によって長い間削られた岩や土の風食地形で、ヤルダンの間は風の通路となり夜になると温度差によって風が強く通りぬけ、悪魔が叫び声のような音を立てることから「魔鬼城」と呼ばれています。 約1億4000万年前のジュラ紀、この地には大きな湖があり、それを囲む豊かな森林が広がり恐竜などの古代生物が生息していました。そして、約4500万年前までハミ周辺はまだ巨大な湖盆でしたが地殻変動によってヒマラヤ山脈が形成され、そ...

もっと見る建造物

ハミ烽燧

ハミ烽燧

「烽燧」は狼煙(のろし)のことで、中国では「烽」は昼に上げる煙、「燧」は夜間に上げる火を意味し、烽燧は煙や火をあげて信号を発する通信手段とそのために設けられた建築物を示しています。また、オオカミの糞を焚いて煙を立てると真っ直ぐに上がり風にも流されにくいということから狼煙と名付けられました。 西域の長城 烽燧が新疆で最初に誕生したのは前漢時代のことです。紀元前1世紀、前漢の武帝が西域の管轄するために鳥塁に西域都護府を設置し、匈奴防衛と西域各国との交通のために10年間がかり60万人を動員して、敦煌からロプノール(羅布泊)までのシルクロード北路とシルクロード中路に沿って一定の間隔で亭障や烽燧を築...

もっと見る橋梁、河川・滝・湖沼

ハミ白石頭風景区

ハミ白石頭風景区

ハミ白石頭風景区はハミ市から北に70km離れており、青々とした草原と松林の間には白い巨石があります。その様子が白い牛が草原に座っているように見えることから「白石頭」と名付けられました。総面積200?を誇るこの風景区は東にイングル草原、西にバリカン草原とつながり、南には万年雪に覆われたカルリク雪山、北にはバリカン北山の峰々が聳えています。また、昔から新疆の避暑地として有名で、現在は国家3A級風景区に指定されており、白石頭、天山廟、鳴砂山、松樹塘、寒気沟の5つのエリアに区分されています。  風景区ではゴビ砂漠、草原、松林、雪山といった景観が次々と入れ替わるように続き、草原にはカザフ族のテントが点...

もっと見る民俗郷土景観

ハミ魔鬼城

ハミ魔鬼城

ハミ(哈密)市から南西に約100㎞離れた五堡郷という土地に東西50㎞、南北40㎞のヤルダン(雅丹)群があり、2010年には「哈密雅丹地貌公園」の名で国家4A景区に認定されました。ヤルダンとは風によって長い間削られた岩や土の風食地形で、ヤルダンの間は風の通路となり夜になると温度差によって風が強く通りぬけ、悪魔が叫び声のような音を立てることから「魔鬼城」と呼ばれています。 約1億4000万年前のジュラ紀、この地には大きな湖があり、それを囲む豊かな森林が広がり恐竜などの古代生物が生息していました。そして、約4500万年前までハミ周辺はまだ巨大な湖盆でしたが地殻変動によってヒマラヤ山脈が形成され、そ...

facebook twitter weibo