中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ニュース雲岡石窟は「黒袈裟」を外し 「グリーン衣装」を着て
観光都市:
旅行日数:
催行都市:
キーワード:

出発地:

到着地:

出発日

都市:
クラス:
値段(RMB): -
キーワード:

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

雲岡石窟は「黒袈裟」を外し 「グリーン衣装」を着て

2012/08/27

  わずか数年間をかけて山西省大同市政府は力を入れて環境整備工事を済ましていた。雲岡石窟は成功に「黒袈裟」を外して新しい「グリーン衣装」を着ている。

  中国の北魏時代に建てらてた雲岡石窟は1500年くらいの歴史がある。中国の四大石窟芸術宝庫の一つと称される。2001年ユネスコに「世界遺産」リストに記入された。

  十数年間大同市の石炭対外運輸幹線109線は石窟の前を通っていた。道路の両側は石鉱のスラム街になって木々がほとんどなくて空気も灰色だった。

  大同市の政府と管理部門の支持を基づいて国道109線の改線工事が行われていた。もとの道路は観光バス専用道路になっている。道路の両側でスケールの大きい緑化工事を繰り広げていた。南北両側延べ1万ムーのはげ山に高さ0.8メータ以上のユショウ、樟子松などの苗木が121万本くらい植えられている。道路両側幅30-50メータの林帯範囲にも大きなユショウ、ポプラなどの木が135万本植えられている。雲岡石窟風景区も大規模な緑化工事を行ってユショウ、槐、モクゲンジ、ライラックなど高木、低木が植えられている。風景区の緑化面積が72万平米、被覆率は82%に達している。雲岡石窟風景区は新たな面影で国内外の観光客を迎えていると風景区の係りは語った。

facebook twitter weibo