中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド上饒観光スポット

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

上饒観光スポット

上饒の観光スポットについては、次の紹介をご覧ください。人気の観光スポットやカテゴリー別観光スポットで上饒の魅力を存分にお届けいたします。

上饒の人気スポット

もっと見る世界遺産

三清山

三清山

 三清山は江西省上饒市に位置しており、以前より「天下第一の仙峰、世界無二の仙境」と称えられ、三清山とは懐玉山脈の中の主峰である玉京、玉華、玉虚の高く険しい三峰が道教の最高神格である三清が頂上に座っている情景に由来している。三峰のなかでは玉京峰が最も高く、海抜1819.9mである。14億年の地質変動や風雨の移り変わりを経て、天下無二の花崗岩峰を形成し、山岳風景の自然と道教による人文景観が特徴で、48の奇峰と52の奇岩怪石、500に及ぶ景物景観が広がる。1988年に国家重点風景名勝区に指定され、2008年の世界遺産大会において世界遺産に登録された。 また三清山は歴代道家が修練した道教の聖地として...

もっと見る自然景観

三清山

三清山

 三清山は江西省上饒市に位置しており、以前より「天下第一の仙峰、世界無二の仙境」と称えられ、三清山とは懐玉山脈の中の主峰である玉京、玉華、玉虚の高く険しい三峰が道教の最高神格である三清が頂上に座っている情景に由来している。三峰のなかでは玉京峰が最も高く、海抜1819.9mである。14億年の地質変動や風雨の移り変わりを経て、天下無二の花崗岩峰を形成し、山岳風景の自然と道教による人文景観が特徴で、48の奇峰と52の奇岩怪石、500に及ぶ景物景観が広がる。1988年に国家重点風景名勝区に指定され、2008年の世界遺産大会において世界遺産に登録された。 また三清山は歴代道家が修練した道教の聖地として...

もっと見る田園景観

暁起村

暁起村

江西省婺源県暁起村は江沢民の先祖が代々住んでいた土地といわれている。また、典型的な安徽派古生態民俗文化が残る村である。周庄の小橋や流水、シャングリラの平穏さが存在し、素朴で純粋な民俗風情が広がっている。 暁起村は清の両淮の塩務大臣江人鏡の故郷でもあり、村の家屋は清の特色ある建物が多い。村の路地は青石敷きで、曲がりくねっている。主な景観は双亭聳峙、楓樟流陰、進士第、大夫第、栄禄第、江氏祠堂、レンガ彫り扉、養生川、古濯台がある。さらに「生態花園」と呼ばれ、600年の間維持されてきた古建築と千を超える楠と貴重な樹木が存在し、国家級農業生態モデル村に指定されている。 村内交通は便利で、油路から直接...

もっと見る公園・庭園、動植物園、アミューズメントパーク

霊岩洞国家森林公園

霊岩洞国家森林公園

灵岩洞国家森林公園は婺源県から北へ約50㎞に位置し、1993年に国家森林公園に指定された。公園内は灵岩洞群、石城古樹群、石林奇観の3つの区域に分かれている。 灵岩洞群は卿雲・蓮華・涵虚・萃灵・琼芝等36の鍾乳洞から構成され、大きいものは力強く壮大、小さいものは精巧で美しさを感じさせる。また鍾乳洞内には著名人の詩が2000か所以上存在する。石城古樹群の中で特に目を引くのは17本の樹が群生する古玉蘭である。樹齢は千年を超え中国最古といえる。石林奇観は多種多様で壮観、「観山」の2文字がふさわしい。現在、観光区として開かれている涵虚・蓮華は二つの鍾乳洞が外観の中心を成し、卿雲洞は清い川の流れと百鳥台...

もっと見る古鎮・古城

汪口古村落

汪口古村落

汪口古村落は宋朝議大夫俞杲が大観年間に誕生し、現在まで1100年以上の歴史を持つ。目の前には美しい水の景観が広がり、以前から「汪口」の名で親しまれてきた。また、その水の悠久の営みから「永川」とも呼ばれている。汪口は婺源県の東江湾鎮圧の西部、紫陽鎮まで23㎞、景徳鎮まで西に84㎞、三清山までの南に58㎞の位置にある。現在500  世帯1700人以上の人々が居住し、95%以上の建物に明清時代の特色と風格が残されている。           村内は芸術宝庫と称される省保管の「俞氏宗祠」、安徽派建築の「千年古街」、古風典雅な「一経堂」「懋徳堂」「大夫第」「養書屋」などの民家がある。  2002年に「...

もっと見る橋梁、河川・滝・湖沼

彩虹橋

彩虹橋

 彩虹橋は南宋時代(1137年)に建てられ、婺源廊橋の代表作であり、中国で最も美しい橋の一つといわれ、古徽州で最長最古の廊橋として知られている。全長140メートルの屋根を持ち、造型の美しさだけでなく雨の日の歩行人の休息の場として役割を持つ。橋脚部分は石が積み上げられ、増水時の激流に耐えられるよう、先の尖った舟の形をしている。橋の下流は飛び石が設置され、渡れるようになっている。 彩虹橋の名は唐詩「两水夾明鏡,双橋落彩虹」に由来し、橋の設計は長期実用的理念をもとに時を経ても簡単に手入れ補修をできるもので、より簡単で実用的工芸文化をより容易に継承することを体現している。また、彩虹橋の魅力は単に橋だ...

もっと見る民俗郷土景観

黄村百柱宗祠

黄村百柱宗祠

婺源黄村の百柱宋祠は中国国家保護文化財に指定され、1982年にパリの民族展覧会で宋祠の代表として出展された。99本の主柱は設計者の考える民間的な金銮殿が表現され、構造上100本は見つけられないが、建築者の意図で「百柱宋祠」と呼ばれている。 当初、清華大学の学者たちが訪れた際、百柱庁に進み15m以上ある間口の規模と構成の壮麗さに驚いたという。大門を抜け中央門廊には祠堂が規則正しく立ち並び、その円錐の山を「金字面」と呼ぶ。これは風水上の示しで宋祠の朝山を成し、宗族の科挙試験においても成功に導いたという。大門の処理は精巧、構成は複雑で、正面と背面の形式が合致するように比率の調整と正確な尺度が構造上...

facebook twitter weibo