中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド 成都 望叢祠歌合戦 旧暦の五月十五日前後

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

望叢祠歌合戦 旧暦の五月十五日前後



 郫県はかつて古代蜀国の都です。伝説によると、望帝が官職を辞して山に就き、ホトトギスになったそうです。毎年ツツジが花を咲かせるため、二月頃に成都平原に飛んでき、農民たちに早く春耕をするように日夜止むことなく鳴き、口から血が出るほど催促し、山にあるツツジの花が赤く染められ、蜀人は望帝の魂が帰ってきたと思っていたそうです。これは民間で伝えられている「杜鹃啼血」の話です。郫県城もそれで「鹃城」と呼ばれてきました。

 後代の人が望帝を記念するため、毎年旧暦の五月十五日前後に鹃城歌合戦を行い、会場は望叢祠にしています。歌合戦に参加する人はすべて当地育ちの農民で、主に民謡を中心にして歌っています。民謡を唱するのは四川で「民謡を叫ぶ」とも言います。ほとんどは自分で歌詞を作り歌っているため、濃厚的な農村の雰囲気が感じられる祭りです。

facebook twitter weibo